2013年7月17日 16:25

体験陶芸 お客様の作品

体験陶芸にいらしたお客様の作品です。
焼き上がった物の中から、いくつかご紹介いたします。

板皿も、ひびが入ったりしないように、紐作りで作ります。
お刺身をのせても良いくらいの大きめなお皿も作ることができます。

P7056111.JPG鮭をのせるのですか?
汁と骨を入れるところも作ってあります。

P5085909.JPG
白化粧でつけた飛沫が効いています。

P5085910.JPGおなじみのトトロ。人気者です。皆さん色々と考えて作られます。

良い表情ですね。P7056106.JPG
P5225934.JPGカップになってしまいました。

P5225935.JPG


こちら人気があります。蚊取り豚。


P7056108.JPG
小さなお子様も、ハートのお皿を作ってくれました。

P7056113.JPGキャラクターの付いた作品が続きます。

P5085915.JPG

P5085917.JPG

P5085918.JPG
お化け?

P5085916.JPG
アロマポットみたいだけど、中に乗っているのは誰でしょう?

P5225933.JPG
P5225931.JPG
大きな花器が出来ました。


P5085919.JPG

続いて絵付けコースの作品です。
お子様たちも一生懸命描いてくれました。

P5225938.JPG
P5225939.JPG
P5225940.JPG
P5085912.JPG濃淡が美しいです。

P5085914.JPG
どうぞ、夏休みも遊びにいらして下さい。
湯河原は海水浴場も安全で、温泉の質も良いですよ。




 
 

2013年7月17日 14:34

8月の営業日と夏休みの宿題

8月のお休み・・・8月6日(火)、8月27日(火)
8月7日~26日は毎日営業いたします。

陶芸を夏休みの宿題にしたい方へ
作品を焼き上げるには通常1カ月半かかりますが、夏休みの宿題にしたい方のために早めに焼きます。次の日にち迄に来ていただければ、8月末までに作品をお届けいたします。

粘土から作るコース・・・・8月4日(日)まで
素焼のお皿に絵を描く、絵付けコースは・・・8月18日(日)まで
金箔コースは焼成がありませんので、当日お持ち帰りできます。

夏休みの宿題の方は、受付でおっしゃって下さい。
がんばって焼き上げます!

P7076116.JPGある日のご家族連れ。ご兄弟、いとこの皆さまです。



 
 

2013年7月13日 13:41

親子で楽しむ夏休みプラン


夏休みスペシャルプラン


<親子で楽しむ体験陶芸>


 7月20()8月末日


811日~18日を除く)


夏休み親子sp_new.jpg


大人1人+小学生以下1人で5,500 


夏休みの想い出に親子で陶芸に挑戦しましょう!

2人で1kgの粘土使い、好きなものを作ります。
送料1,000円(2人分)でお届けもOK。要予約

8月中に焼成希望の方は84日迄に来て下さい。


 
 

2013年7月10日 15:29

6月の教室作品

6月までに窯出ししました、教室生徒の皆さまの作品です。
数か月分を一挙にご紹介します。(遅くなってすみません。)

先ずは「土鍋」です。
耐熱土を使い、酸化の低い温度で焼きました。
美味しいご飯が炊けるように、二重の蓋を作りました。

P5175926.JPG続いて、通常の酸化作品です。

P6095962.JPG
磁土を使い、模様を彫ったローラーで型押ししました。
P6095961.JPG
同じく磁土を使いましたが、こちらは石膏で鋳型を作り、泥しょうを流しました。

P6095965.JPG
P6095968.JPG

萩の土を使い、華やかに焼き上がりました。
いっちんと描き落としで草花が描かれています。

P6296048.JPG

課題の土瓶は、2種類の釉薬を掛け、取っ手もご自分で編んでいます。

P6206041.JPG
粉引きの型押し小皿と飯椀。
生化粧の模様がきれいです。

P6095969.JPG
P6095971.JPG
次は、還元焼成の作品です。


初めてのお地蔵様。
思わず手を合わせたくなります。

P7056092.JPG
傘立て。
松が深く彫れて、青磁が濃く入っています。

P5175925.JPG


白いマット釉を掛けたポット。
釉を薄めに掛け、渋い焼き上がりになりました。

P5085907.JPGかわいらしい、鉄絵のカップです。

P5085908.JPG

呉須を使って、白化粧の上に彩色しています。
青い水墨画のようです。

P5225941.JPG
P5225944.JPG
志野の小鉢。
鬼板を描き落として模様を出しています。

P5225943.JPG

青磁の小鉢。
深い緑がきれいです。

P6155985.JPG
自由課 課題の蕎麦猪口。
呉須が濃く、美しいです。

P6155988.JPG湯呑みと小鉢のセット。
こちらの呉須は、ふんわりやさしい感じです。
P7056078.JPG
まだ初級コースに入りたての方が、自由課題で粉引きの飯椀を作りました。
入って間もないとは思えないほどの出来栄えです。

P6155990.JPG粉引きの湯呑み。
さすが先輩。粉引きが板に付いています。

P7056101.JPG

友人たちへのプレゼント。
八角のお皿は縁起物です。

P6155980.JPG植木鉢。
若い女性の間でも盆栽が流行っているのでしょうか?
かわいらしい作品になりました。

P7056090.JPG


最後に、還元落としの作品です。
赤土の生地が黒くなるため、はっきりとした焼き上がりになります。
都会的でおしゃれな感じに仕上がります。


課題の急須と湯呑みも、釉を吹き付けて輝いて見えます。

P7036061.JPG
湯呑みのセット。
白と黒のコントラストが渋いです。

P7036056.JPG

花生け。
焼き締めの櫛目もはっきり出ています。

P7036063.JPG文字を彫った小鉢。
きれいな色合いです。

P7056095.JPG

ビードロ釉を掛けた小鉢。
彫り模様にビードロが入り込んでいます。

P7036066.JPG
まだ手が付いていませんが、いっちんの土瓶です。
一面に模様を描いています。全面をお楽しみください。

P7036067.JPG

P7036068.JPG

P7036069.JPG
P7036070.JPG課題の筒花生け。
ビードロを吹き付けて流しています。
P7036072.JPG



自由課題の岩板皿。
狙っていた色が出たようです。

P7036074.JPG
下が三角で、口元が丸いビアマグ。
作るのには結構苦労しました。

P7056082.JPG
湯呑みを割って出来た小鉢。

P7036050.JPGスープ皿は模様が凝っています。

P7036051.JPG
それでは、また夏の窯出しをお楽しみに!