2016年2月13日 17:22

楽茶碗が焼けました。

去る2月11日に教室の特別講座「楽茶碗を作る」の焼成をしました。

まずは佐藤館長のレクチャーです。

P2111093.JPG

楽の釉薬についてなど、詳しい説明をノートをとりながら聞きます。

それぞれが作られた茶碗に、釉薬を塗っていきます。

今回は赤楽、黒楽、白楽、飴釉の4種類を焼成しました。

 

P2111108.JPG

焼成が始まる前にポーズをとる佐藤館長。お茶目です。

 

P2111110.JPG

生徒さん達も協力していよいよ茶碗を焼成していきます。

使うのはコンパクトな炭の窯。これがなかなか性能が良いのです。

還元するのに薪も少しくべます。

P2111111.JPG

最初の茶碗が焼けました。

P2111113.JPG

 

P2111115.JPG

 炎の中から作品を引き出します。

 

そして焼き上がった皆さまの作品です↓

 

P2121116.JPG

窯変した赤楽茶碗

 

P2121118.JPG

黒楽茶碗

 

 

P2121122.JPGのサムネール画像

焼成温度が高いと赤楽茶碗も渋い色合いになります。

P2121123.JPG

黒楽の平茶碗

P2121127.JPG

P2121129.JPG

P2121130.JPG

P2121136.JPG

こちらの赤楽茶碗もたくさん窯変しました。

 

P2121141.JPG

P2121144.JPG

 

P2121146.JPG

黒楽釉の上に白濁釉をのせ、釉に変化をつけています。

P2121148.JPG

味のある形に仕上がりました。

 

P2121149.JPG

 

P2121152.JPG

蟹の蓋置

 

P2121160.JPG

赤猿!

 

ご参加いただいた皆さまお疲れ様でした。

また次回も楽しみましょう!