2016年6月22日 15:07

体験陶芸 お客様の作品 2016年前半

体験陶芸にいらしたお客様の作品をご紹介いたします。

皆さま、お待たせしてすみません。

個性豊かな作品をご覧ください。

体験陶芸2時間コース

P1200967.JPG

P1200968.JPG

P1200969.JPG

 アラビン、土瓶・・・

  P1200970.JPG

P1200971.JPG

オリジナルの絵が可愛い。申年です。↑

こちらの富士山はかわいい色が付きました。↓

P1200972.JPG

P1200973.JPG

リピーター様が作られた蚊取り線香立て↓

いらっしゃるたびに腕が上がってきます。

P1200974.JPG

  板皿も綺麗に仕上がりました。 P1200975.JPG

P1200976.JPG

P1200977.JPG

P1200978.JPG

P1200979.JPG

  P1200980.JPG

P1200981.JPG

リピーター様は3回目から、釉薬の指定が出来ます。

瑠璃釉をかけて深いブルーになりました。↓

P1200982.JPG

  P2101091.JPG

P1200983.JPG

P1200984.JPG

 ビアマグの下半分は焼き締めに、と言うリクエストです。↓

P1200985.JPG

  P1200986.JPG

P1200987.JPG

お皿もそれぞれ上手にできています。

P1200988.JPG

P1200989.JPG

植木鉢は中が焼き締めです。↑ ↓

P1200990.JPG

P1200991.JPG

P1200993.JPG

 

絵付けコースの作品もあります。

do陶芸館では還元焼成をしますので、呉須のブルーが綺麗に発色します。

P1200994.JPG

P1200995.JPG

P1200996.JPG

P1200997.JPG

P1200998.JPG

P2101056.JPG

P2101057.JPG

P2101058.JPG

絵付けも力作ぞろいですね!

P2101059.JPG

P3041266.JPG

P3041267.JPG

P3041269.JPG

P3041271.JPG

P4151627.JPG

P4151629.JPG

お子様たちの作品 ↑

P4151631.JPG

ふんわりとピンクに染まった河豚。

このピンク色は塗ったのではなく、還元焼成の際、偶然に出てきました。

「御本手(ごほんで)」と呼ばれ、珍重されています。

P4151639.JPG

P4151633.JPG

織部コースは板皿ではなく、茶碗と皿をお作りになりました。↓

初めて陶芸をしたとは思えない出来栄えです。

P2251202.JPG

 

 

志野の板皿コースも玄人はだしです。

 

P4151636.JPG

P3041232.JPG

P3041231.JPG

 

P3041233.JPG

  P4151637.JPG

 

体験陶芸2時間コースの作品に戻ります。

P2101060.JPG

P2101061.JPG

P2101062.JPG

P2101063.JPG

P2101064.JPG

P2101065.JPG

P2101066.JPG

P2101067.JPG

P2101069.JPG

P2101070.JPG

P2101071.JPG

P2101072.JPG

P2101073.JPG

P2101074.JPG

P2101075.JPG

P2101076.JPG

P2101077.JPG

P2101078.JPG

P2101079.JPG

P2101080.JPG

同じお皿を目指しても個性が出ます。

P2101081.JPG

  P2101082.JPG

P2101085.JPG

P2101086.JPG

P2101087.JPG

P2101089.JPG

P2101092.JPG

  P3041235.JPG

  P3041238.JPG

P3041239.JPG

P3041241.JPG

P3041242.JPG

P3041244.JPG

P3041245.JPG

ミッキーの鼻が取っ手と言うのは、今までにない発想です。↑

P3041247.JPG

仕切り皿は根気がいります。

P3041249.JPG

 

P3041250.JPG

P3041251.JPG

P3041263.JPG

P3041265.JPG

P3041283.JPG

体験陶芸で埴輪を作りました。↑

焼き締めにしてほしいとリクエストです。

P3161400.JPG

P3041254.JPG

P3041255.JPG

よく見ると「感謝」の文字に「ありがとうございます」が隠れています。↑

こちらは「福」の文字に「しあわせ」が隠れています。↓

P3041256.JPG

P3041257.JPG

P3041258.JPG

P3041259.JPG

P3041260.JPG

P3041261.JPG

P3041262.JPG

P3161401.JPG

P3161404.JPG

焼き締めの茶香炉にはカエルがちょこんと乗っています。↑

P3161405.JPG

P3161407.JPG

P3161408.JPG

トトロに猫バスまで付いたアロマポット↑

 

P3161411.JPG

P3161413.JPG

P3161415.JPG

こちらは灯籠が付いた植木鉢 ↑

20代の男性にしては渋い作品です。

P3161416.JPG

蚊取り豚を大きく作るのは大変。

 

P3161418.JPG

お子様用に「ワンワン」か彫ってあります。↑

 

P3161419.JPG

P3161421.JPG

P3161423.JPG

P3161424.JPG

 同じように「6点押し輪花鉢」を作られましたが、それぞれが異なる印象です。

P3161426.JPG

P3161428.JPG

お一人で2枚のお皿を作りました。↑

 

P3161429.JPG

P3161430.JPG

こちらもお一人で2個、富士山のご飯茶碗 ↑

逆さまにすると「雪をかぶった富士山」が登場。

 

P3161433.JPG

P3161434.JPG

P3161435.JPG

P3161436.JPG

 

P3161437.JPG

P3161438.JPG

P3161439.JPG

P3161440.JPG

P3161442.JPG

P3161443.JPG

P3161444.JPG

P3161445.JPG

P3161446.JPG

P4151635.JPG

 

P4151641.JPG

アロマポットの葉っぱにトトロ ↑

お皿の内側は透明の釉薬を掛け、それ以外は焼き締めです。

 

P4151642.JPG

肉球の作品二つ

P4151644.JPG

 

カップルでシーサーを作りました。↓

それぞれのシーサーを並べてみると、「あ・うん」がそろいました。

P4151646.JPG

P4151647.JPG

P4151649.JPG

P4151652.JPG

P4151654.JPG

 

P4151655.JPG

P4151656.JPG

P4151657.JPG

P4151658.JPG

P4151659.JPG

P4151661.JPG

以上、2016年1月~4月に焼成された作品をご紹介しました。

まだまだご紹介したい作品は続きます。

See You Soon !  ・・・であるようにがんばります(笑)