2016年10月 8日 14:26

体験陶芸 お客様の作品


体験陶芸に来ていただいたお客様の作品が作品をご紹介いたします。

還元焼成と言う、焼成中にガスを入れて焚き上げる玄人好みの焼成です。

皆さまの力作をご覧ください。


まずは重要文化財の土偶の写しです。

P8282100.JPG
赤土の還元焼成は、焼き締めると渋い茶色になります。


埴輪も焼けました。
P9092163.JPG

もちろん普段使いできる器もあります。

P9092144.JPG
PB032337.JPG
難度の高い花器ですね。↓

PB032340.JPG
PB032342.JPG
PA122277.JPGPA122279.JPGPA122280.JPG
板皿は、作る時は地味で根気がいる作業が続きますが、出来上がりが素晴らしいですね。

PA122282.JPG
PA122285.JPG
PA122286.JPG



P9092162.JPG

P9092164.JPG
実際に使える器もアロマポットも埴輪やウサギも・・・お好きなものをお作りください。


P9092165.JPG

P9092166.JPG

P9092167.JPG
幼児や赤ちゃんの手形や足形は、追加料金千円で焼くことが出来ます。↑

P9092168.JPG
P9092170.JPG
P9092172.JPG
P9242208.JPG


P9242209.JPG
P9242214.JPG
ネコちゃんのカップの裏側は・・・↓

P9242215.JPG

こちらは取っ手の先が、カップの中を覗いています。

P9242217.JPG
P9242219.JPG
リピーター様は粘土の量が1.5倍です。大きな船盛が出来ました。↓

P9092137.JPG

P9092135.JPG
板皿を完品で焼き上げるのは、実は難易度が高いのです。
プロが作ってもたまにひびが入ります。
リピーターのお客様が作られた青磁釉の板皿もたまたまひびが入って焼けました。↓
ひびを直して金接ぎさせていただきました。かえって「箔が付く」場合もあります。

P9092133.JPG
ブライダルコースで、ご両親に植木鉢を作られました。↓

P9242210.JPG
P9242211.JPG
ブライダルコースといえどもご飯茶碗や湯呑にこだわる必要はありません。
それぞれのお好みのものをお作りいただけます。


P9242212.JPG

志野の板皿コース


P9092139.JPG

P9092140.JPG
P9092142.JPG

絵付けコース


P9092154.JPGP9092156.JPG
P9242221.JPG

P9092158.JPG


P9282230.JPG
金箔コース


P5031737.JPG
P5031735.JPG

P5041749.JPG
P5041750.JPG
P5041751.JPG

そして、夏休み前に焼けた作品もご紹介いたします。
夏休みの忙しさでアップするのが遅くなり申し訳ありません。
たくさんご覧ください。


P5111784.JPG

P5111786.JPG
P5111787.JPG
P5111789.JPG

P5111790.JPG
P5111791.JPG
P5111792.JPG
P5111795.JPG

P5111797.JPG

P5111800.JPG
P5271853.JPG
P5271854.JPG
P5271855.JPG
P5271856.JPG

P5271857.JPG

P5271858.JPG
P5271860.JPG
P5271861.JPG
P5271862.JPG

P5271863.JPG

P5271864.JPG
P5271865.JPG
P5271866.JPG
P5271867.JPG
P5271868.JPG

P5271870.JPG
P5271871.JPG
P5271872.JPGP5271874.JPG
P5271875.JPG
P5271876.JPG

P5271877.JPG
P5111782.JPG
P5271878.JPG
P5271879.JPG
P5271880.JPG

P6171921.JPG
P6171923.JPG
P6171924.JPGP6171925.JPGP6171926.JPGP6171927.JPGP6171928.JPGP6171929.JPGP6171930.JPGP6171931.JPGP6171932.JPGP6171933.JPGP6171934.JPG
P6171935.JPG


P6171937.JPG

P6171938.JPG
絵付けコース

P6171941.JPGP6171944.JPGP6171945.JPGP6171947.JPGPA122288.JPG
PA122289.JPG
PA122290.JPG
PA122293.JPG
PA122292.JPG

 
 

2016年10月 8日 11:30

教室生徒さん達の作品

教室生徒さん達の作品が焼き上がりました。

まずは酸化焼成です。



蚊取り線香入れを2種類作られました。

PA062255.JPG
凝っています。

PA062259.JPG

萩の茶碗
びわ色がきれいです。

P9092132.JPG

梅瓶(めいぴん)
佐藤館長オリジナルの黒釉がピッタリです。

P9092119.JPG
織部のスープカップ

P9092122.JPG


象嵌のどんぶり3種

P9092113.JPG

印もご自身で作りました。

P9092114.JPG
↓は還元冷却で焼成しました。

PA062252.JPG
PA062254.JPG
炭化焼成の花器

炭の模様が神秘的です。

P9092125.JPG


還元焼成の粉引き茶碗 2種

P9242223.JPG↑ 生化粧で景色を作りました。

↓ 同じ還元焼成の粉引きですが、緋色が出ました。

P9242224.JPG
P9242226.JPG
染付の蕎麦猪口

PB032344.JPG
PB032345.JPG




9月29日に、炭の窯で楽茶碗も焼きました。


PA062263.JPG

楽茶碗に魅せられた生徒さん達

P9292234.JPG


10kwの窯を一人で借りて、還元冷却の一窯焚きをしました。

P9292232.JPG

見えないところにも、たくさんの作品が入っています。↓

PA062248.JPG

大きな作品は展覧会に出品されますので、展覧会終了後にご紹介できれば、と思います。