2016年11月26日 14:08

穴窯、登り窯の生徒さん達の作品

沼津の足高窯で焼成した、生徒さん達の作品です。
教室に持ち帰ってじっくりと見てみると、さらに素晴らしいと感じます。

先ずは穴窯の作品です。

通称「転がし」と言う、焚口に置かれた作品


PB072447.JPG
ひっくり返って割れてしまう可能性もありますが、「焦げ」と呼ばれる粗面に青黒く現れる黒褐色が出ることもあります。今回はこの花器だけ焦げが付きました。↑
まさにハイリスクハイリターンの場所が、「転がし」です。

上の作品と同じ場所にあった花器↓

PB072446.JPG

同じく「転がし」で、転がって煉瓦に付いてしまった花器。これはこれで迫力があります。

PB072450.JPG


穴窯の棚の上で焼かれた作品


花器

PB072440.JPG
PB072377.JPG
PB072443.JPG

PB072378.JPG
PB072380.JPG
PB072379.JPG
PB072382.JPG
抹茶碗


PB072383.JPG
PB072384.JPG



PB072385.JPG
よく見ると、灰がかかって富士山のように見えます。あくまで偶然の産物です。

PB072386.JPG
PB072430.JPG

PB072434.JPG

PB072436.JPG

花器


PB072387.JPG
PB072388.JPG

蹲(うずくまる)

PB072389.JPG
PB072390.JPG
PB072452.JPG

PB072454.JPG



輪花鉢

PB072391.JPG
PB072392.JPG

祈る女

PB072394.JPG


埴輪 兵士

PB072396.JPG
銘々皿

PB072398.JPG
カップ


PB072399.JPG
PB072432.JPG

PB072433.JPG

湯呑

PB072437.JPG

酒器

PB072402.JPG

陶板

PB072406.JPG

備前の部屋で焼かれた作品


花器

PB072404.JPG
PB072429.JPG

PB072422.JPG

PB072423.JPG
PB072424.JPG

PB072425.JPG

PB072426.JPG
一輪挿し

PB072411.JPG


水差し

PB072415.JPG
PB072416.JPG
PB072417.JPG
建水

PB072407.JPGPB072408.JPG

PB072409.JPG手つき鉢

PB072419.JPG
ぐい飲み

PB072468.JPG



最後に、登り窯から出た作品

萩の輪花鉢

PB072461.JPG
萩は置く場所が少しでも違うと、別の色になります。
左は還元気味、右は酸化気味です ↓

PB072462.JPG

萩の飯碗

PB072464.JPG
PB072478.JPG
PB072479.JPG
萩花器

PB072458.JPG


朝鮮唐津花器


PB072466.JPG


ぐい飲み三種
左から備前、朝鮮唐津、絵唐津 ↓

PB072471.JPG
絵唐津花器

PB072481.JPG
PB072482.JPG
裏も緋色が出て素敵です!

PB072483.JPG



引き出し黒

PB072487.JPG

PB072488.JPG
PB072484.JPG
PB072485.JPG
粉引き花器

PB072496.JPG
井戸茶碗、萩茶

PB072500.JPG
PB072501.JPG
PB072492.JPG
PB072493.JPG
PB072507.JPG
PB072506.JPG
PB072511.JPG
PB072512.JPG
PB072514.JPG


PB072516.JPG

粉引き茶碗


PB072497.JPG

PB072498.JPG
PB072502.JPG

PB072503.JPG

PB072509.JPG
PB072510.JPGPB072513.JPG
PB072517.JPG


PB072518.JPG

また来年も良く焼けるといいですね。