2020年6月 4日 11:00

教室生徒さん達の作品と作陶風景


定期的に陶芸教室に通われている生徒さん達の作品をご紹介いたします。

4月以前に焼き上がった作品です。
遅くなりましたが、ご覧下さい。


ご飯茶碗 3人分

P4166391.JPG

天目釉の花器

P4166393.JPG



初級課題の徳利とぐい吞み

P4166429.JPG


志野の茶碗


P1096028.JPG

染付の小皿

P1096030.JPG

合掌造りの蚊取り線香入れ


P1226057.JPG


宙に浮くカップ

P1226064.JPGP1226065.JPG


ご飯茶碗

P1226067.JPG
P1226068.JPG
P1226071.JPGP1226072.JPG

パン皿

P1226074.JPG


乳白釉のカップ
P1226076.JPG

梟の壁掛け

P1226079.JPG


世界最古のヴィーナスの写し

P1226081.JPG



神棚に供える皿置き(家紋入り)

P1226129.JPG


乳白釉の花器

P2136167.JPG

白化粧掻き落としの筆立て

P2136172.JPG


抹茶碗


P2136223.JPGP2136228.JPGP2136230.JPG
P2136232.JPG


ぐい吞み


P2136237.JPG


P2136233.JPG


伊羅保茶碗


P2286263.JPG


ビードロ釉の花器
細かな模様を彫っています。

P3136333.JPG


染付の文鎮
この後上絵もするそうです。

P3136336.JPG

染付の小皿

P3136337.JPG


黒織部の茶碗

PB085751.JPG
PB085752.JPG


織部香合

PB085754.JPG

PB085755.JPG

PB085756.JPG
PB085758.JPG

PB085757.JPG

泥彩の一輪挿し

PB185863.JPG


ビードロ釉の一輪挿し

PB185864.JPG


玄関用の置物

PB185867.JPG


志野ぐい吞み


PC165908.JPG



そして、穴窯で焼くために作っている花器



PA245685.JPG


PA245686.JPG


当初の予定では、5月に薪の窯を焚く計画を立てていましたが、
新型コロナウィルスの影響で延期になりました。
まだ日程は決まりませんが、粘土の用意などは着々と進行しています。


佐藤館長が作っているのは、信楽の粘土。
薪の窯で焼くと、灰が溶けて、綺麗な緑色の釉薬になる計算です。
正に「スカーレット」の色合いを目指します。

P5076438.JPG

P5076440.JPG何やら粘土をブレンドしています。



P5076445.JPG完成しました。 
佐藤ブレンドの信楽土がどんな色合いに焼き上がるかは、先のお楽しみです。

P5076448.JPG


そして、本日の館長は、越前から送って頂いた原土を叩いています。

P6046464.JPGP6046463.JPG
この後水簸するそうです。
こちらも薪の窯で焼く作品を作ります。

手塩にかけた粘土がどんな色合いに変化するのか、
楽しみに待ちます。



 
 

2019年10月30日 15:46

陶芸教室生徒さん達の作品

毎週お教室に通っていらっしゃる生徒さん達の作品が焼けました。

個性豊かな作品をどうぞご覧ください。


「あ・うん」のシーサー

P7185481.jpg

印花が器の中に押してあります。細かい作業が見えますでしょうか?

P8025529.JPG
中と外の釉薬を掛け分けています。外は空色釉



P8025530.JPG
やはり、中と外の釉を掛け分けた一輪挿し


P8025531.JPG
凝った形のカップ
ここから、更に進化し始めています。

P8025532.JPG
PA045669.JPG
ちらし寿司を入れてかき混ぜる大鉢と、取り分ける小鉢
黄瀬戸と織部釉、小鉢には飴釉も掛けました。


PA045672.JPG

還元冷却で焼いた花器

PA045673.JPG
アルミナ釉を塗って焼きました。
PA045678.JPG

彫を入れた青磁の花器

PA045679.JPG
PA045680.JPG
PA305701.JPG
志野の茶碗

PA305702.JPG

そして、博物館でご覧になったことがありますでしょうか?
縄文土偶 ハート型美人

PA305704.JPG
染付の花器 3点

PA305705.JPG



以上、土の種類も釉薬も焼き方も違う、生徒さんそれぞれの個性が光る作品です。
 
 

2019年6月24日 14:13

陶芸教室生徒さん達の作品


定期的に通っていらっしゃる、陶芸教室生徒さん達の作品をご紹介いたします。


板谷波山の写し
大壺


P7185433.JPG



還元冷却で焼いた猫ちゃん

P6275350.JPG

掛け花生け

P7185441.JPG


一輪挿し

P7185442.JPG

小鉢


P7185443.JPG



花生け

P7185439.JPG


小鉢

P6285396.JPG飯碗


P7185440.JPG



一輪挿し

P6275356.JPG
獅子の釉掛け


P6285401.JPG

焼きあがるとこんな感じになりました。↓


P7185428.JPG
P7185426.JPG



大壺に金襴手




P6285403.JPG
P6285405.JPG

完成した作品 ↓



P7105407.JPG
P7105408.JPG

P7105409.JPG
P7105410.JPG




粉引きの花器3種


P6275354.JPG


P6275353.JPG
P6275357.JPGP7185424.JPG
青磁花生け


P7185435.JPG




染付の飯碗

P2215169.JPG

イノシシの香合

P3145229.JPG
当然、蓋も開きます。
横の下に居るのは、うりぼう。


P3145230.JPG

粉引きの花器 いろいろ


P2215172.JPG

P2215170.JPG


P2215174.JPG


P2215173.JPG
P2215175.JPG

蓮の葉を型取ったお皿


P3145231.JPG


同じく蓮の葉のアクセサリー置き
青白釉の濃くかかったところは薄い緑色になります。

P4185258.JPG

チタンマットの六角鉢


P4185259.JPG

青いみかん釉を掛けた花皿


P4185260.JPG

PC134943.JPG




食べ盛りのお孫さんに、カレー皿


P3145228.JPG

湯呑


P4185277.JPG
P4185278.JPG
P3145226.JPG
粉引きの飯碗

P3145227.JPG

番外編

ウェルカムボード


P5175294.JPG



 
 

2019年3月17日 15:45

穴窯、登り窯(薪の窯)で焼いた、生徒さん達の作品

2018年冬に焼いた生徒さん達の作品です。
薪の窯で焼いた作品は、自然の灰が被り、電気窯で焼いた作品とは違った趣です。

穴窯と備前の部屋で焼いた作品


信楽 六角鉢

PB174840.JPG

備前 花器

PB174895.JPG
備前 壺

PB174898.JPG
信楽 花器

PB174900.JPG

備前 花器


PB174893.JPG

信楽 水差し

PB174896.JPG
備前 花器
PB174892.JPG
備前 六角花器

PB174891.JPG


PB174889.JPG


PB174890.JPG


PB174888.JPG

信楽 旅枕
PB174886.JPG

備前 板皿

牡丹餅も良く出ています。

PB174885.JPG

信楽 大鉢


PB174884.JPG

備前 小鉢


PB174883.JPG


PB174882.JPG

信楽 花器

PB174881.JPGPB174880.JPG

備前 皿

PB174879.JPG
備前 片口 小鉢


PB174876.JPG

信楽 足付き 小鉢

PB174873.JPG
備前 ぐい呑み

PB174838.JPG



灰釉 大鉢

PB174869.JPG

信楽 酒器


PB174867.JPG

備前 ビアマグ


PB174857.JPG



登り窯で焼いた作品


片口 酒器

PB154824.JPG
粉引き飯碗

PB174829.JPG

黒織部 茶碗


PB174830.JPG

萩 飯碗

PB174842.JPG

萩 井戸茶碗


PB174844.JPG
萩 茶碗

PB174843.JPG

瀬戸黒 茶碗

PB174846.JPG

萩 湯のみ
PB174847.JPG萩 茶碗
PB174848.JPG灰釉 飯碗

PB174851.JPG
萩 湯のみ

PB174855.JPGPB174849.JPG

萩 ぐい呑み

PB174863.JPG
萩 湯のみ
PB174861.JPG

萩 花器
PB174836.JPG

白磁 カップ

PB174833.JPG

志野 小鉢

PB174832.JPG

染付 湯のみ

PB174864.JPG


 
 

2019年2月 2日 13:52

陶芸教室 生徒さん達の作品

陶芸教室に毎週通っていらっしゃる生徒さん達の作品が焼き上がりました。
色々な土、釉薬、焼き方があります。バラエティーに富んだ作品をご覧ください。


P1175027.JPG

貫入青磁の大皿。釉薬が下に流れ、貫入も入っています。



P1175028.JPG

教室の体験でいらした時に作られたビアマグ。釉薬は佐藤館長オリジナルの還元黒。
この後は、陶芸教室に入会いただき、サラダボールやカレー皿を作られています。



P1175029.JPG
3連の小鉢。こちらの黒い釉薬は天目釉です。



P1175031.JPG

粉引きのお茶碗



P1175033.JPG

生化粧の濃さを変えて、御本(ピンク色の模様)を出しました。



P1175036.JPG
P1175078.JPG





P1175040.JPG
陶芸館で開発した釉薬 「青いみかん釉」



P1175038.JPG


P2025111.JPG

水仙の合子



P2025112.JPG

梅の合子




P2025113.JPG

志野の花入れ




P2025115.JPG

萩の湯呑



P2025116.JPG

萩の茶碗



P2025119.JPG
粉引き汲出し


P2025122.JPG





P2025120.JPG
粉引き飯碗



P2025121.JPG




P2025126.JPG

P2025128.JPG


P2025124.JPG
色化粧と天目釉のサラダボール

 
 

2018年10月20日 15:15

教室生徒さん達の作品

陶芸教室の生徒さん達の作品が焼き上がりましたので、ご紹介します。


迫力あるカエル

PA254688.JPG



PA254690.JPG


青磁鶴首

PA254691.JPG
PA254692.JPG
ビードロ釉の小鉢

PA254700.JPG

粉引き飯碗


PA254698.JPG





チタンマットの六角鉢


P7144458.JPG


PA254697.JPG


PA254693.JPG



扇面に絵と和歌
上絵も施しました。

P9284666.JPG

粉引きの徳利

P7144462.JPG

鼠志野の菓子鉢


P8254532.JPG
象嵌に下絵付けした湯のみ

P8254533.JPG


天目花器


P8254536.JPG

黄瀬戸一輪挿し

P8254538.JPG

青磁花びん

P9204634.JPG

象嵌のカップ&ソーサー

P8254539.JPG

P8254541.JPG


青磁 鉢
P9204635.JPG
上絵壺

P9264655.JPG

茶碗

P9264660.JPG

粉引き面取り花器

P9264661.JPG

みかん釉ぐい飲み

P9264662.JPG
みかん釉鉢

P9264663.JPG



P4054136.JPG


P3224109.JPG


 
 

2018年6月23日 11:46

教室の生徒さん達の作品

陶芸教室に通われている生徒さん達の作品が焼き上がりました。
どうぞご覧ください。


粉引きの湯呑
御本(オレンジ色)がほんのりと出ています。

P4054136.JPG


志野湯呑 4種

P4054137.JPG

P4054138.JPG

中施釉、外焼き締めの甕

P4054139.JPG

波山の花器「玉葱」の写し
ちょっと大きかったですが...

P4054141.JPG

還元冷却で焼いた花器
佐藤館長の作品の写し

P4074146.JPG

大甕
みかんを入れるそうです。

P4074148.JPG
中は青磁釉が掛かって、外側とのコントラストが効いています。


P4074147.JPG

湯呑

P4074151.JPG
焼酎杯

外側は還元冷却の焼き締めです。生地が黒くなります。

P4074155.JPG


P4074154.JPG

羊の花器
かなり遊び始めましたね。

P4264158.JPG

炭化した急須
窯変が出ています。

P4264160.JPG
片口の湯冷まし

P4264161.JPG

土瓶

P4264174.JPG
急須

P4264177.JPG
うのふ釉 酸化焼成の小皿
白くて少し青みがかかります。

P4264179.JPG

みかん釉の小皿

P4264182.JPG

染付花器

P5244243.JPG

穴窯で焼いた花器に蔦の蔓を付けました。

画像が横向きでごめんなさい。

P4264185.JPG

ラクダの土瓶 実は花器

P5264255.JPG
足付きお魚皿

P5244244.JPG
初級課題の角鉢


P5244245.JPG
キューブを重ねたような花器
作るのにかなり苦労されました。

P6104304.JPG
黄瀬戸 湯呑

P6104305.JPG
萩 ぐい飲み

P6104308.JPG
色化粧 蕎麦猪口


P6104309.JPG

チワワ
飼っている子を見ながら作りました。


P6104310.JPG


P6104313.JPG


P6104316.JPG
P6144322.JPG
カエル


P6144325.JPG



P6144326.JPG

P6144327.JPG
貫入青磁のマグカップ


P6144329.JPG

上絵の窯も焼けました。


P6174370.JPG

P6174371.JPG
P6174373.JPG

P6174374.JPG




P6174375.JPG
P6174376.JPG

 
 

2018年5月11日 11:51

楽茶碗講座の様子と生徒さんの楽茶碗


3月の楽茶碗講座の様子です。

まずは佐藤和彦館長のレクチャー

P3154032.JPG
皆さま真剣に聞いていらっしゃいます。

P3154030.JPG
焼成風景


P3154035.JPG
一つずつ炭の窯に入れて焼いていきます。


釉を掛けたその日のうちに焼きあがります。

生徒さん達の作品がこちらです ↓


まずは、赤楽茶碗

P3164042.JPG
そして白楽茶碗

P3164044.JPG釉薬の流れ具合も良いですね。

P3164046.JPG

飴釉茶碗にうぐいすです。

P3164047.JPG


P3164048.JPG

それぞれの形になりますね。


P3164049.JPG

香合

P3164051.JPG
白楽茶碗の貫入が良いです。

P3164052.JPG
P3164054.JPG

P3164059.JPG


P3164060.JPG

黒楽茶碗に大胆な富士山


P3164061.JPG
P3164062.JPG

P3164065.JPG

ワイングラスも!

P3164063.JPG
飴釉

P3164067.JPG

湯呑も!

P3164068.JPG

P3164069.JPG

P3164070.JPG
P3164072.JPG
P3164073.JPG
そして焼けたばかりの楽茶碗でたてる恒例のお茶会

P3154041.JPG
楽しいお茶会でしたね! 皆さまお疲れ様でした。


 
 

2018年3月 4日 16:08

教室生徒さん達の作品


毎週通う陶芸教室の生徒さん達の作品です。

入会して間もない方から、10年以上通っているベテランさん達まで、それぞれの個性が光ります。


萩茶碗

P1183899.JPG

P1183901.JPG

天目の板皿

P1183902.JPG
ミッキーマウスとミニーマウス

PC273849.JPG
並べ方で印象が変わりますね!

PC273847.JPG

タイル

PC273851.JPG

織部の足付き皿


PB173583.JPG

初級課題の練り込み皿

P1183903.JPG

二人のお孫さん達にカップ

P1183905.JPG
イルカのぐい呑み
御本が出ました。

PA203519.JPG

夫婦飯碗

P3014008.JPG


粉引きぐい呑み
PA203522.JPG

青磁花器

PA203524.JPG

PA203525.JPG

カップ&ソーサー
PA253535.JPG
天目のカップ

PA253538.JPG

染付小皿
PB253589.JPG


ポット

PB173585.JPG

急須

PB173586.JPG

染付のご飯茶碗と小鉢

PB253592.JPG
初級課題の鉄絵湯呑(赤土と白土)

PB253593.JPG

自由科課題 揃いもの 染付蕎麦猪口

PB023567.JPG

飯碗

PB253596.JPG
揃いの花器

PC243812.JPG

青磁双耳花器

PC243807.JPG

上絵の作品

PB023565.JPG


PB023566.JPG

PB153575.JPG

 
 

2017年12月15日 13:19

穴窯、登り窯の作品


去る12月2日~5日に沼津のあしたか窯にて、生徒さん達の作品を焼きました。
毎年恒例の薪窯です。
窯詰めから窯焚き、窯出しまで、先生達も生徒さん達も皆で協力して行いました。
薪の窯独特の色合いをお楽しみ下さい。


ドキドキ、わくわくの窯出し

穴窯 火前

PC093625.JPG

穴窯 2列目



PC093637.JPG
穴窯 一番奥の3列目

3列目の奥まで灰がよく飛んでいます。

PC093638.JPG

備前の部屋


PC093635.JPG

登り窯


PC093628.JPG

窯出しされた作品


PC093642.JPG
PC093645.JPGPC093647.JPG
PC093649.JPG
PC093652.JPGPC093656.JPGPC093657.JPGPC093659.JPGそして、佐藤館長の講評

PC093662.JPG
全体的にとても良く焼けました。

焼成温度は1300℃を超えたため、赤土の作品は温度が行き過ぎた感もありますが、
同じ赤土でも、古信楽などの白土を混ぜたものは、これまでにないほど灰がかかり、
素晴らしい焼き上がりになりました。
ころがしの作品も割れることなく完品で焼きあがりました。
登り窯の釉薬の溶け具合も良く、井戸茶碗、萩茶碗の窯変など、
見所満載の作品になりました。

つくづく、皆さまの協力のおかげで窯が焚けることを実感しました。

                              

それでは、作品をひとつひとつご覧ください。


PC133668.JPG
赤土に古信楽を少し混ぜた土で焼き締めました。

PC133669.JPG
古信楽の焼き締めですが、灰がたくさんかかり、ビードロになりました。

PC133670.JPG

陶板土の花器。灰が綺麗な緑色に流れました。


PC133676.JPG
PC133678.JPG
志野のぐい飲み

PC133742.JPG
志野茶碗

PC133683.JPG

赤土のみで作った植木鉢。耳に引っ張られて楕円に変形しました。

PC133687.JPG
古信楽の湯呑。緋色が良い感じに出ました。

PC133689.JPG

古信楽の大皿。表はビードロ、裏は緋色です。
PC133692.JPG
PC133693.JPG

萩の湯呑。同じ土、同じ釉薬ですが、3つとも色が異なります。

PC133694.JPG
萩の鶴首
御本のお手本のようです。

PC133698.JPG
信楽鉢

PC133699.JPG

信楽 焼酎杯
PC133702.JPG
うのふ釉の大皿
薬の掛け具合、溶け具合が絶妙です。

PC133704.JPG
赤土 焼き締めの茶碗
色が出ました。

PC133706.JPG
信楽皿
PC133707.JPG裏もビードロが流れています。

PC133708.JPG
信楽片口酒器

PC133709.JPG
PC133711.JPG

織部、黄瀬戸の小鉢

PC133713.JPG
信楽ぐい飲み

PC133716.JPG
PC133718.JPG
PC133720.JPG瓢箪の蓋物。模様もはっきりと出ました。↑



萩茶碗
窯変しています。

PC133722.JPGPC133723.JPG


PC133725.JPG
PC133728.JPG
引き出し黒の茶碗

PC133729.JPG
PC133730.JPG

PC133731.JPG

PC133732.JPG
信楽のワイングラス

PC133733.JPG
PC133735.JPG
信楽 旅枕 ↑ 蹲(うずくまる)↓


PC133736.JPG
PC133738.JPG
PC133740.JPG備前 小皿 ↑

信楽 ぐい飲み↓

PC133743.JPG
赤土に古信楽を混ぜて、良い備前になりました。↓

PC133748.JPG
PC133750.JPG
PC133751.JPG
PC133752.JPGPC133753.JPG
PC133754.JPG
PC133755.JPG

古信楽 考える人?

PC133758.JPG

口もとがゆらりと歪みましたが、良い雰囲気です。

PC133760.JPG

偶然とはいえ、面白い模様です。

PC133761.JPG
灰の流れ具合が素敵ですね。

PC133762.JPG
PC133764.JPG
PC133766.JPG

手付きの水差し。無事に焼けました。

PC133768.JPG
天目釉と飴釉を混ぜて施釉しました。
釉薬の濃さもばっちりです。

PC133770.JPG

古信楽花生け
四角に高く成型するのは大変でしたが、甲斐がありましたね。

PC133772.JPGこちらも物凄い灰の量です。

PC133774.JPGPC133777.JPG
志野花生け
登り窯で焼きました。手跡に緋色が出ています。

PC133780.JPG
PC133781.JPG
PC133782.JPG
赤土と陶板土を混ぜたオブジェ ↑


織部花器 ↓

PC133784.JPG
PC133786.JPG火前に置いた花器
灰の掛かり方で複雑な色合いになりました。

PC133787.JPG
織部 小鉢

PC133788.JPG

やはり火前の花器
また違う色合いです。



PC133791.JPG
PC153792.JPG
ころがしの筒花生け

完璧ですね。

PC153796.JPG萩 湯呑

灰が掛かって還元し、渋い色合いになりました。
PC153797.JPG
PC153799.JPG

信楽茶碗
横に寝かせて、口を焚口に向け焼きました。
内側にも灰が入り、ビードロになりました。

PC153800.JPG


年々皆さまの腕が上がるようで、また来年も楽しみです。