2017年12月15日 13:19

穴窯、登り窯の作品


去る12月2日~5日に沼津のあしたか窯にて、生徒さん達の作品を焼きました。
毎年恒例の薪窯です。
窯詰めから窯焚き、窯出しまで、先生達も生徒さん達も皆で協力して行いました。
薪の窯独特の色合いをお楽しみ下さい。


ドキドキ、わくわくの窯出し

穴窯 火前

PC093625.JPG

穴窯 2列目



PC093637.JPG
穴窯 一番奥の3列目

3列目の奥まで灰がよく飛んでいます。

PC093638.JPG

備前の部屋


PC093635.JPG

登り窯


PC093628.JPG

窯出しされた作品


PC093642.JPG
PC093645.JPGPC093647.JPG
PC093649.JPG
PC093652.JPGPC093656.JPGPC093657.JPGPC093659.JPGそして、佐藤館長の講評

PC093662.JPG
全体的にとても良く焼けました。

焼成温度は1300℃を超えたため、赤土の作品は温度が行き過ぎた感もありますが、
同じ赤土でも、古信楽などの白土を混ぜたものは、これまでにないほど灰がかかり、
素晴らしい焼き上がりになりました。
ころがしの作品も割れることなく完品で焼きあがりました。
登り窯の釉薬の溶け具合も良く、井戸茶碗、萩茶碗の窯変など、
見所満載の作品になりました。

つくづく、皆さまの協力のおかげで窯が焚けることを実感しました。

                              

それでは、作品をひとつひとつご覧ください。


PC133668.JPG
赤土に古信楽を少し混ぜた土で焼き締めました。

PC133669.JPG
古信楽の焼き締めですが、灰がたくさんかかり、ビードロになりました。

PC133670.JPG

陶板土の花器。灰が綺麗な緑色に流れました。


PC133676.JPG
PC133678.JPG
志野のぐい飲み

PC133742.JPG
志野茶碗

PC133683.JPG

赤土のみで作った植木鉢。耳に引っ張られて楕円に変形しました。

PC133687.JPG
古信楽の湯呑。緋色が良い感じに出ました。

PC133689.JPG

古信楽の大皿。表はビードロ、裏は緋色です。
PC133692.JPG
PC133693.JPG

萩の湯呑。同じ土、同じ釉薬ですが、3つとも色が異なります。

PC133694.JPG
萩の鶴首
御本のお手本のようです。

PC133698.JPG
信楽鉢

PC133699.JPG

信楽 焼酎杯
PC133702.JPG
うのふ釉の大皿
薬の掛け具合、溶け具合が絶妙です。

PC133704.JPG
赤土 焼き締めの茶碗
色が出ました。

PC133706.JPG
信楽皿
PC133707.JPG裏もビードロが流れています。

PC133708.JPG
信楽片口酒器

PC133709.JPG
PC133711.JPG

織部、黄瀬戸の小鉢

PC133713.JPG
信楽ぐい飲み

PC133716.JPG
PC133718.JPG
PC133720.JPG瓢箪の蓋物。模様もはっきりと出ました。↑



萩茶碗
窯変しています。

PC133722.JPGPC133723.JPG


PC133725.JPG
PC133728.JPG
引き出し黒の茶碗

PC133729.JPG
PC133730.JPG

PC133731.JPG

PC133732.JPG
信楽のワイングラス

PC133733.JPG
PC133735.JPG
信楽 旅枕 ↑ 蹲(うずくまる)↓


PC133736.JPG
PC133738.JPG
PC133740.JPG備前 小皿 ↑

信楽 ぐい飲み↓

PC133743.JPG
赤土に古信楽を混ぜて、良い備前になりました。↓

PC133748.JPG
PC133750.JPG
PC133751.JPG
PC133752.JPGPC133753.JPG
PC133754.JPG
PC133755.JPG

古信楽 考える人?

PC133758.JPG

口もとがゆらりと歪みましたが、良い雰囲気です。

PC133760.JPG

偶然とはいえ、面白い模様です。

PC133761.JPG
灰の流れ具合が素敵ですね。

PC133762.JPG
PC133764.JPG
PC133766.JPG

手付きの水差し。無事に焼けました。

PC133768.JPG
天目釉と飴釉を混ぜて施釉しました。
釉薬の濃さもばっちりです。

PC133770.JPG

古信楽花生け
四角に高く成型するのは大変でしたが、甲斐がありましたね。

PC133772.JPGこちらも物凄い灰の量です。

PC133774.JPGPC133777.JPG
志野花生け
登り窯で焼きました。手跡に緋色が出ています。

PC133780.JPG
PC133781.JPG
PC133782.JPG
赤土と陶板土を混ぜたオブジェ ↑


織部花器 ↓

PC133784.JPG
PC133786.JPG火前に置いた花器
灰の掛かり方で複雑な色合いになりました。

PC133787.JPG
織部 小鉢

PC133788.JPG

やはり火前の花器
また違う色合いです。



PC133791.JPG
PC153792.JPG
ころがしの筒花生け

完璧ですね。

PC153796.JPG萩 湯呑

灰が掛かって還元し、渋い色合いになりました。
PC153797.JPG
PC153799.JPG

信楽茶碗
横に寝かせて、口を焚口に向け焼きました。
内側にも灰が入り、ビードロになりました。

PC153800.JPG


年々皆さまの腕が上がるようで、また来年も楽しみです。
 
 

2017年9月 3日 18:20

教室 釉薬講座

陶芸教室では、生徒さん達のご希望で特別講座を開くこともあります。

2017年6月には、釉薬の作り方、テストの仕方についてレクチャーして欲しいとの声があり、
佐藤和彦館長が講義いたしました。

まずは、釉薬の原料になる灰や長石や土を分量を測って並べます。

P6083228.JPG

P6293250.JPG
館長の説明を熱心にノートします。

P6293251.JPG
P6293252.JPG

P6293255.JPG

テストのバーを見て、釉薬の説明。

皆さんも、近所で取れる土で色々な釉薬のテストが出来ますよ。

P6293257.JPG

これからも皆様からご要望があれば、色々な講義をしていきたいと思います。


 
 

2017年9月 2日 14:17

教室生徒さん達の作品

夏休み中はたくさんのお客様に来ていただき、ブログの更新がなかなか出来ず遅くなりました。

嬉しい悲鳴をあげていました(笑)

お待たせしました生徒さんたちの作品をご紹介いたします。



新羅土器の写し 耳付き高坏
耳の飾りは揺れます。


P9133416.JPG

P9133417.JPG
大きな陶箱

P9133418.JPG





加茂田章二の写し 花器

P9133413.JPG

蕎麦猪口

P9153443.JPG

初級コースの課題 青磁輪花鉢

P9153444.JPG

「早春」

P9153441.JPG

織部花器


P9223449.JPG



レリーフを施した青磁花器

P5123108.JPG
青磁の型押し皿

P5123109.JPG
ビールジョッキ

P5243148.JPG
P5243150.JPG
うのふ釉のレリーフ皿 ↑


空色釉の小鉢 ↓

P5243152.JPG


桃山黄瀬戸釉の飯碗

P5243154.JPG

箸置き各種

P5243155.JPG

チタンマット釉の湯呑(赤化粧線彫、呉須で下絵)

P5243157.JPG

三彩花器

P5243159.JPG

練り込み皿と箸置き

P5243160.JPG
練り込み皿 (ビードロ釉、土灰釉、飴釉)

P5243162.JPG

P5243167.JPG炭化させた湯呑

P5243168.JPG


P6013198.JPG

笠間釉吹き付け還元落としの花器

P6013200.JPG
P6013201.JPG

白磁大壺

P6013203.JPG

炭化焼成の変壺

P6013204.JPG


色化粧の皿


P6013209.JPG

チタンマット釉のカップ

P6013211.JPG
P6013214.JPG
白釉色化粧のマグカップ ↑


志野釉ぐい吞み ↓


P6013216.JPG

P6013217.JPG

蕎麦猪口

P8313392.JPG



練り込み皿 3種

P6013220.JPG
P6013222.JPG


P6013223.JPG
うのふ釉の鉢

P7053262.JPG

天上天下唯我独尊

P7053264.JPG
チタンマット釉のカップ(酸化焼成、還元焼成)

P7053265.JPG
呉須吹き付けの湯吞と皿

P7053267.JPG
P7053270.JPG
粉引きぐい呑み ↑


土灰釉の上から青磁を掛けるとこの流れ方 ↓


P7153327.JPG

P7153328.JPG

マグカップ2種類 渋茶天目釉↑ 天目釉↓



P7153330.JPG


色化粧の飯碗

P7153334.JPG


練り込み皿

P7153336.JPG
呉須吹き付けの湯呑


P8103361.JPG

色化粧のカップ

P8103362.JPG蜜柑釉のカップ

P8103363.JPG
白化粧描き落としの大皿

P8303378.JPG
P8303379.JPG
レリーフの白磁花器 ↑

下絵付けの鉢 2種 ↓

P8303381.JPG

片面には阿修羅像、反対側には天上天下唯我独尊像

P8303384.JPG
P8273374.JPG

また次回をお楽しみに!


 
 

2017年4月 8日 14:56

楽茶碗が焼けました。

「楽茶碗スペシャル」 焼成の様子です。


炭の窯を教室の外に出して焼成します。

P3092935.JPG
P3092937.JPGP3092938.JPG
P3092939.JPG
焼きあがった楽茶碗を並べます。
ひとつひとつ焼きあがった茶碗を見て歓声が上がります。


P3092942.JPG今回は約50個の茶碗が焼けました。

教室に茶碗を運び、講評会とお茶会が始まりました。

P3092946.JPG


そして焼きあがった楽茶碗です。


白楽茶碗
複雑で綺麗な色に焼けました。

P3102970.JPG

P3102971.JPGP3102973.JPG
P3102990.JPG
P3102993.JPG



赤楽茶碗

P3102974.JPG

赤楽茶碗に砂糖水を塗って焼くと
黒い景色が出ました。

P3102977.JPG
面取りの白楽茶碗

P3102980.JPG

高台を炭化させて白楽茶碗

P3102982.JPG

赤楽茶碗 

P3102983.JPGP3102985.JPGP3102986.JPG

P3102987.JPG
P3102988.JPG

P3102994.JPG

P3102997.JPG
P3102999.JPG
P3103000.JPG

P3103004.JPG
P3103005.JPG
P3103009.JPG
P3103010.JPG

黒楽茶碗

P3103001.JPG

P3103012.JPG

P3103017.JPG


また次回をお楽しみに!



 
 

2017年1月18日 16:04

教室生徒さん達の作品


陶芸教室の生徒さん達の作品が焼けました。

今回は還元焼成、酸化焼成の他に、還元冷却と上絵もご紹介いたします。

まずは、プロの陶芸家でも焼いている方が少ない「還元冷却焼成」です。
900℃から還元の炎を入れ始め最高温度1270℃に達した後も冷却しながら炎を入れ続けます。
800℃まで冷却して炎を止めました。赤土が黒く焼き上がります。



P1182740.JPG
双耳大壺


P1182741.JPG
中級課題の筒花生け 
↑ 伊羅保釉吹付 ↓ みかん釉
釉薬によって印象がずいぶん変わります。

P1182744.JPG

P1182746.JPG六角花生けと花びん


P1182748.JPG
三点押し輪花鉢


P1182752.JPG
水差し


P1182758.JPG板皿 ↑ ↓

P1182762.JPGP1182759.JPG揃い皿


続いて、還元焼成の作品をご紹介いたします。



呉須で模様を描き、志野釉をかけました。

P3032912.JPG

P1182753.JPG
志野茶碗、粉引き茶碗
P1182755.JPG粉引きはほんのりと御本が出て、生化粧の掛け残しも良い景色です。



PC052585.JPG染付小皿6種
還元焼成の呉須はスッキリときれいな発色です。


PC052586.JPG片口小鉢

PC052587.JPG
下絵付けした皿

PC052589.JPG初級課題の角鉢
象嵌してあります。


次は酸化焼成の作品です。


チタンマット釉の湯呑

P3243060.JPG

ラ・フランスの入れ物

P3243061.JPG
P3243063.JPG

うのふのお皿

P3243065.JPG



P1182765.JPG足付き角鉢
象嵌した線に釉薬を筆で塗り分ける凝りよう


P1182763.JPGの湯呑


そして、上絵の作品です。


PC292642.JPG付大壺
大作です。がんばりました。

PC292645.JPG筆立て


PC292647.JPG蕎麦猪口


PC292648.JPG菊花合子


PC292650.JPG帯留め3種


PC292654.JPG陶板


PC292655.JPG





 
 

2016年11月26日 14:08

穴窯、登り窯の生徒さん達の作品

沼津の足高窯で焼成した、生徒さん達の作品です。
教室に持ち帰ってじっくりと見てみると、さらに素晴らしいと感じます。

先ずは穴窯の作品です。

通称「転がし」と言う、焚口に置かれた作品


PB072447.JPG
ひっくり返って割れてしまう可能性もありますが、「焦げ」と呼ばれる粗面に青黒く現れる黒褐色が出ることもあります。今回はこの花器だけ焦げが付きました。↑
まさにハイリスクハイリターンの場所が、「転がし」です。

上の作品と同じ場所にあった花器↓

PB072446.JPG

同じく「転がし」で、転がって煉瓦に付いてしまった花器。これはこれで迫力があります。

PB072450.JPG


穴窯の棚の上で焼かれた作品


花器

PB072440.JPG
PB072377.JPG
PB072443.JPG

PB072378.JPG
PB072380.JPG
PB072379.JPG
PB072382.JPG
抹茶碗


PB072383.JPG
PB072384.JPG



PB072385.JPG
よく見ると、灰がかかって富士山のように見えます。あくまで偶然の産物です。

PB072386.JPG
PB072430.JPG

PB072434.JPG

PB072436.JPG

花器


PB072387.JPG
PB072388.JPG

蹲(うずくまる)

PB072389.JPG
PB072390.JPG
PB072452.JPG

PB072454.JPG



輪花鉢

PB072391.JPG
PB072392.JPG

祈る女

PB072394.JPG


埴輪 兵士

PB072396.JPG
銘々皿

PB072398.JPG
カップ


PB072399.JPG
PB072432.JPG

PB072433.JPG

湯呑

PB072437.JPG

酒器

PB072402.JPG

陶板

PB072406.JPG

備前の部屋で焼かれた作品


花器

PB072404.JPG
PB072429.JPG

PB072422.JPG

PB072423.JPG
PB072424.JPG

PB072425.JPG

PB072426.JPG
一輪挿し

PB072411.JPG


水差し

PB072415.JPG
PB072416.JPG
PB072417.JPG
建水

PB072407.JPGPB072408.JPG

PB072409.JPG手つき鉢

PB072419.JPG
ぐい飲み

PB072468.JPG



最後に、登り窯から出た作品

萩の輪花鉢

PB072461.JPG
萩は置く場所が少しでも違うと、別の色になります。
左は還元気味、右は酸化気味です ↓

PB072462.JPG

萩の飯碗

PB072464.JPG
PB072478.JPG
PB072479.JPG
萩花器

PB072458.JPG


朝鮮唐津花器


PB072466.JPG


ぐい飲み三種
左から備前、朝鮮唐津、絵唐津 ↓

PB072471.JPG
絵唐津花器

PB072481.JPG
PB072482.JPG
裏も緋色が出て素敵です!

PB072483.JPG



引き出し黒

PB072487.JPG

PB072488.JPG
PB072484.JPG
PB072485.JPG
粉引き花器

PB072496.JPG
井戸茶碗、萩茶

PB072500.JPG
PB072501.JPG
PB072492.JPG
PB072493.JPG
PB072507.JPG
PB072506.JPG
PB072511.JPG
PB072512.JPG
PB072514.JPG


PB072516.JPG

粉引き茶碗


PB072497.JPG

PB072498.JPG
PB072502.JPG

PB072503.JPG

PB072509.JPG
PB072510.JPGPB072513.JPG
PB072517.JPG


PB072518.JPG

また来年も良く焼けるといいですね。








 
 

2016年11月26日 11:19

薪の窯を焚きました。

2016年10月29日~31日 沼津の足高窯で薪の窯を焚きました。
新宿陶房、朝日カルチャー新宿、祖師谷陶房、藤沢の杜の会等の陶芸教室と合同で
do陶芸館の生徒さん達も一緒に穴窯と登り窯を焚きました。
薪の窯は、窯詰めから窯焚き、窯出しまで、みんなで協力しないと焚き上げることができません。
3日間薪をくべ続けますので、交代で火の番をします。
毎年の恒例行事になっていますが、年々チームワークも良くなっている気がします。

それでは、窯詰めの様子からご覧ください。

PA292306.JPG
窯詰め前の穴窯

R_2016あしたか窯_019_.JPG
まず、どのくらいの作品があるか、全ての作品を並べ、どの場所に入れるか確認します。



穴窯の奥の窯詰めが出来ました。↓

R_2016あしたか窯_023_.JPG
高さを測りながら窯に作品を運びます。

R_2016あしたか窯_031_.JPG
登り窯の窯詰め

R_2016あしたか窯_035_.JPG穴窯 火前と焚口の窯詰めも終了しました。

R_2016あしたか窯_046_.JPG
美しいです。 ここまで詰め終わるのに朝9時から夜7時までかかりました。


R_2016あしたか窯_047_.JPG

そして煉瓦で口を閉じて目止めします。

R_2016あしたか窯_053_.JPG
PA292330.JPG
窯詰めが無事終了し、ホッと一息。


窯詰めが終わるとすぐに火入れします。

R_2016あしたか窯_060_.JPG
PA292326.JPG

佐藤和彦館長の祈祷? 「どうぞ、無事に良く焼けますように・・・」

R_2016あしたか窯_061_.JPG
R_2016あしたか窯_066_.JPGじゃんじゃん焚きます。

R_2016あしたか窯_070_.JPG温度は1300℃を記録。

R_2016あしたか窯_076_.JPG
R_2016あしたか窯_093_.JPG
R_2016あしたか窯_096_.JPG窯の中

R_2016あしたか窯_098_.JPG
館長が倒れていた花器を引き出さします。

R_2016あしたか窯_109_.JPG
R_2016あしたか窯_110_.JPG
R_2016あしたか窯_111_.JPG
R_2016あしたか窯_113_.JPG
R_2016あしたか窯_118_.JPG

R_2016あしたか窯_123_.JPG
R_2016あしたか窯_126_.JPG
R_2016あしたか窯_128_.JPG
R_2016あしたか窯_131_.JPG
穴窯が焚き終わると、次は登り窯を焚いていきます。

R_2016あしたか窯_133_.JPG
佐藤館長、今度は登り窯から引き出し黒を出します。
もちろんですが、すごく暑いし、熱いです。

R_2016あしたか窯_143_.JPG
R_2016あしたか窯_147_.JPGR_2016あしたか窯_148_.JPGR_2016あしたか窯_149_.JPGR_2016あしたか窯_150_.JPGR_2016あしたか窯_158_.JPG
そして3日間の窯焚きが終了しました。 皆さま、大変お疲れ様でした。


一週間冷まして、窯出しです。

R_2016あしたか窯_159_.JPGR_2016あしたか窯_162_.JPGよく焼けています。

R_2016あしたか窯_165_.JPG
R_2016あしたか窯_170_.JPG
R_2016あしたか窯_171_.JPG
R_2016あしたか窯_179_.JPG

R_2016あしたか窯_184_.JPG
R_2016あしたか窯_232_.JPG

R_2016あしたか窯_237_.JPG
今年は例年以上に温度も上がり、灰もよく被りました。 穴窯の奥も灰がのっています。

予想以上の焼き上がりに、生徒さん達も満足されたようです。



写真協力 朝日カルチャーセンター新宿 行木先生

 
 

2016年10月 8日 11:30

教室生徒さん達の作品

教室生徒さん達の作品が焼き上がりました。

まずは酸化焼成です。



蚊取り線香入れを2種類作られました。

PA062255.JPG
凝っています。

PA062259.JPG

萩の茶碗
びわ色がきれいです。

P9092132.JPG

梅瓶(めいぴん)
佐藤館長オリジナルの黒釉がピッタリです。

P9092119.JPG
織部のスープカップ

P9092122.JPG


象嵌のどんぶり3種

P9092113.JPG

印もご自身で作りました。

P9092114.JPG
↓は還元冷却で焼成しました。

PA062252.JPG
PA062254.JPG
炭化焼成の花器

炭の模様が神秘的です。

P9092125.JPG


還元焼成の粉引き茶碗 2種

P9242223.JPG↑ 生化粧で景色を作りました。

↓ 同じ還元焼成の粉引きですが、緋色が出ました。

P9242224.JPG
P9242226.JPG
染付の蕎麦猪口

PB032344.JPG
PB032345.JPG




9月29日に、炭の窯で楽茶碗も焼きました。


PA062263.JPG

楽茶碗に魅せられた生徒さん達

P9292234.JPG


10kwの窯を一人で借りて、還元冷却の一窯焚きをしました。

P9292232.JPG

見えないところにも、たくさんの作品が入っています。↓

PA062248.JPG

大きな作品は展覧会に出品されますので、展覧会終了後にご紹介できれば、と思います。



 
 

2016年6月29日 10:58

教室生徒さん達の作品

 

毎週通う陶芸教室の生徒さん達の作品が焼き上がりました。

 

<酸化焼成の作品>

P6151917.JPG

黄瀬戸に織部釉です。

 

P6151918.JPG

生地をピンクにして桜を表現しました。

 

P6151911.JPG

それぞれのお地蔵さんです。

 

P6151909.JPG

 

P6151913.JPG

何故か家。

 

P6151914.JPG

何故か考古学者。

ラベンダー色のベストと帽子がお洒落(笑)

 

P6151916.JPG

お皿に作者の手形が描いてあります。

 

P3241473.JPG

 下絵付けした文鎮は酸化焼成。

同じ透明釉を掛けても生地がクリーム色に近い白です。

 

<還元焼成の作品>

P3161398.JPG

 呉須で絵を描いて還元焼成した文鎮。

生地は青みがかかった白に焼け、呉須の青が映えます。

 

P3041276.JPG

何故か蛙。

P3041278.JPG

 伊羅保釉の還元焼成が、蛙の肌を表現しています。

 

P3041279.JPG

 

P3161394.JPG

志野の板皿は中級課題。

鼠志野と絵志野を作りました。

 

   P4151634.JPG

初級課題の象嵌をした鉢。

大きな角鉢を2つ。がんばりました。

 

P2101053.JPG

初級課題の湯呑と飯碗。

陶芸を習って初めて焼けた作品です。

 

P6171936.JPG

 

P3041274.JPG

マグカップ5 種類。

下絵付けや釉の掛け分けなど、様々なアイディアを楽しんで作りました。

 

 

<上絵焼成の作品>

 一度本焼きした生地に上絵の具で絵を描き、低下度(800℃)で焼きました。

 

P6271968.JPG

大皿に 細かい絵を丁寧に描けました。

 

P6271973.JPG

タイル2枚。

こちらの生徒さんは、様々なタイルを作っています。

 

P6271970.JPG

百合が大胆に描けています。

かなり大きなお皿ですので、生地作りも大変でした。

 

P6271977.JPG

大皿の裏も金魚が描かれています。

 

P6271974.JPG

ご飯茶碗2種。

 

P6271978.JPG

小皿3種。

P6271980.JPG

 

P6271975.JPG

赤色が鮮やかに出た大皿。

 

昨年は、教室の研修旅行で金沢、九谷を訪れました。

今回の上絵大皿は、研修旅行で触発された自由課の生徒さん達が、九谷焼の大皿制作に挑戦した作品です。

 

 
 

2016年4月27日 14:39

教室生徒さん達の作品

 

陶芸教室に通ってらっしゃる生徒さん達の作品をご紹介いたします。

 

P2101055.JPG

 青磁釉還元焼成

同じ釉薬を酸化焼成すると・・・↓

P2251205.JPG

米色青磁になります。

 

 

青磁の花生けは、古色を帯びたよう。

P4181699.JPG

 

中級課題の蓋物は芥子の花をデザインしました。

P4181694.JPG

蓋を開けるとこうなります。↓

P4181697.JPG

縄文時代の土偶

焼き締めの炭化焼成にしたら、よく雰囲気が出ています。

P4151614.JPG

皿は伊羅保釉と天目釉を吹き付けました。

P4151625.JPG

キッチンの小物入れ。凝ってます。

P4151616.JPG

↑とお揃いの釉薬で鉛筆ホルダー

P4151618.JPG

中級課題の筒花生け

ビードロ釉を吹き付けました。

P3271515.JPG

土鍋

P3271510.JPG

リボンの付いた土鍋

P3271513.JPG

蓋を開けても可愛い・・

P3271512.JPG

 

お地蔵さん

P2251209.JPG

良いお顔です。

P3271508.JPG

 

 瓢箪の花生け

お気に入りの形は5本出来ました。

P3271505.JPG

P3271502.JPG

 スープカップ2種

P3261497.JPG

P3261500.JPG

 ご自宅に飾るタイル

まだまだ色々な装飾のタイルを作りますよ。

P2251198.JPG

 白化粧、いっちんに飴釉↑

P3261495.JPG

白化粧、下絵

 

ご飯茶碗いろいろ

P3251483.JPG

P3251480.JPG

お孫さん用に恐竜を描きました。

中も火を吐く恐竜↓

P3251481.JPG

  P3251484.JPG

 初級課題4種

P3241478.JPG

白化粧、赤化粧掻き落とし中皿

 

P3241475.JPG

天目釉、うのふ釉の朝鮮唐津

P3041288.JPG

青磁の輪花鉢

P3041285.JPG

 

中級課題2種

天目釉にうのふ釉をスポイト掛けした中皿

P2251212.JPG

石膏型から作った、型打ち小皿

P3041287.JPG