2017年10月 5日 14:33

体験陶芸 お客様の作品


体験に来ていただいたお客様の作品が焼けました。

どうぞご覧ください。


まずは絵付けコースから・・・

PA043453.JPG
裏も凝っています。

PA043454.JPG



PA043456.JPG
こちらも裏までがんばりました。


PA043457.JPG

次はお子様たちの作品です。

PA043459.JPG

PA043460.JPG


続いては、体験陶芸2時間コースの作品



「あ・うん」のシーサー

PA043469.JPG
顔と足の付いたカップ

PA043467.JPG


PA043473.JPG
サボテンの灯り取り



PA043474.JPG
カップ

PA043470.JPG

輪花鉢

PA043464.JPG


P9223451.JPG
PA043461.JPG

使いやすそうな大鉢

PA043463.JPG

花瓶


PA043472.JPG
アロマポット


PA043476.JPG

ダックスフンド


PA043478.JPG

いかのキャラクター (名前をれてしました。)

PA043480.JPG



 
 

2017年9月 3日 11:35

体験陶芸 お客様の作品


体験陶芸にいらしたお客様の作品が焼き上がりましたので紹介いたします。

皆様の熱意が感じられる作品です。

ほんの一部の作品しかご紹介できず恐縮ですが、個性的な作品をお楽しみください。

また、夏休み中はたくさんのお子様たちも体験陶芸にご参加くださり、ありがとうございました。
夏休みの自由課題分も無事にお届けすることが出来て、スタッフ一同ホッとしています。
また来年もお待ちしていますね。
(8月末までにお送りした作品は急いで梱包しましたので写真を撮る時間がありませんでした。
 8月11日以降に来てくださったお客様の作品は順次ご紹介いたします。)


体験陶芸2時間コースの作品


P3243047.JPG




大きな板皿

P3032897.JPG


P3032899.JPGP3032904.JPG


P3032905.JPG

P3032906.JPG


P3032907.JPG

P3032908.JPG

P3032909.JPG

P3032913.JPG

P3032916.JPG

P3032917.JPG

P3032925.JPG

P3032931.JPG

P3032918.JPG
P3102965.JPG

P3102967.JPG

P3102969.JPG

P3103020.JPG

P3103021.JPG

P3103022.JPG

P3243031.JPG

P3243032.JPG

P3243034.JPG

P3243035.JPG

P3243037.JPG
P3243038.JPG

P3243040.JPG

P3243042.JPGP3243044.JPG

P3243046.JPG


P3243049.JPG


P3243051.JPG
3回以上体験陶芸に来てくださったリピーター様は釉薬のリクエストが出来ます。
こちらの片口鉢は青磁釉を掛けました。

P3243052.JPG

P3243067.JPG

P5123111.JPG

P5123112.JPG

P5123113.JPG

P5123114.JPG

P5123115.JPG

P5123116.JPG

P5123117.JPG

P5123118.JPG

P5123119.JPG


やはりリピーターのお客様 ↑ 渋茶天目釉とルリ釉の小鉢

↓ 志野釉の蚊取り豚


P5123120.JPG



P5133125.JPG

P5133126.JPG

P5133127.JPG


P5133128.JPG

P5133129.JPG


P5133130.JPG

P5133131.JPG


P5133132.JPG

P5133133.JPG

P5133134.JPG


P5133135.JPG

P5133136.JPG


P5133137.JPG



P6013171.JPG

P6013169.JPG

P6013173.JPG


P6013174.JPG


P6013175.JPG


P6013176.JPG


P6013177.JPG
P6013178.JPG

P6013179.JPG

P6013181.JPG

P6013182.JPG
P6013183.JPG
P6013184.JPG
P6013185.JPG

P6013186.JPG


P6013187.JPG
P6013188.JPG



P6013189.JPG

P6013190.JPG
P6013191.JPG

P6013192.JPG
P6013193.JPG

P6013194.JPGリピーター様の作品。 ルリ釉の小鉢 ↑  飯碗 ↓


P6013195.JPG

P6013197.JPG

P7053271.JPG
P7053274.JPG
P7053275.JPG
P7053278.JPG
P7053276.JPG

P7053282.JPG
P7053284.JPG

P7053287.JPG
P7053288.JPG

P7053290.JPG

P7053291.JPG

P7053292.JPG

P7053293.JPG
P7053294.JPG

P7053295.JPG

P7053296.JPG
P7053297.JPG
P7053298.JPG

P7053299.JPG

P7053300.JPG

P7053301.JPG
P7053302.JPG

P7053304.JPG

P7053305.JPG

P7053307.JPG
P7053308.JPG

P7053310.JPG
P7053313.JPG


P8263364.JPG

P8263365.JPG
P8263366.JPG

P8263368.JPG

P8263370.JPG
P8263369.JPG
P8313395.JPG
P8313396.JPG
P8313398.JPG
P8313399.JPG
P8313400.JPG
P8313401.JPG
P8313402.JPG
P8313403.JPG

P8313404.JPG
P8313405.JPG
P8313406.JPG

志野、織部コース


P8303385.JPG

P8303386.JPG
P8303387.JPG
P8303388.JPG

P8303389.JPG
P8303390.JPG
P3032919.JPGP8263371.JPGP8263372.JPG

絵付けコース

P5243164.JPGP5243165.JPGP8063346.JPG
P8063349.JPGP8063351.JPGP8063353.JPG
P8063355.JPG
P8313394.JPGP3102958.JPGP3102959.JPGP3102960.JPG
金箔コース

P3203027.JPG
P3203029.JPG

 
 

2017年7月14日 17:04

お客様の声と作陶風景

2017年7月

「楽しかった。出来上がった皿で何を乗せて食べるか楽しみ!!」
 体験陶芸コース 50代、60代女性2名 皿を制作

「今回はゆっくり2つも作らせていただいて楽しかったです。
1度目からは10年、2度目からは7年、毎日毎晩使っている湯のみが出来上がって嬉しいです。
(うっかり欠けてしまって新しいのを作りたかった。)
大切に扱っていきます。」
 体験陶芸コース 10代、40代母娘2名 湯のみを制作

「先生が初心者でもわかりやすい様に説明して下さって楽しい時間を過ごすことが出来ました。
 焼き上がりが楽しみです。」
 体験陶芸コース 50代男女2名 うつわ、丼を制作

  P7083315.JPG
「丁寧に教えていただいてありがとうございました。楽しかったです。」
 体験陶芸コース 20代女性2名 マグカップを制作


2017年6月


P6143232.JPG

「丁寧に教えていただき、とても楽しくできました。出来上がりが楽しみです。」
 体験陶芸コース 20代ご夫婦 とっくり、ぐい呑みを制作


P6143234.JPG

P6143236.JPG

 
 

2017年2月15日 14:20

体験陶芸 お客様の作品


体験陶芸にいらしたお客様の作品が焼き上がりましたので紹介いたします。

性豊かな作品をお楽しみ下さい。

一番人気の体験陶芸2時間コースからスタートです。


P1132714.JPG
ユニークな模様を描くと、お皿のイメージがガラッと変わります。

P1132715.JPG
P1132718.JPG
P1132720.JPGP1162725.JPG
P1162727.JPG
P1162731.JPGP1162736.JPGP1162738.JPGP1212797.JPG後ろ姿は↓

P1212799.JPG
P2032825.JPG

P2032830.JPG
スナフキンですね。

P2032832.JPG

色々なキャラクターが登場いたします。

P2032835.JPG
お子様の作品 ↑  ↓

P2032837.JPG
P2032839.JPG
P2032841.JPG
板皿も個性的です。↓


P2032840.JPG
P2032843.JPG
お正月に見えたご夫婦の作品。 魚を入れる魚模様の皿と快晴の富士山です。 ↑

P2032844.JPG

P2032845.JPG

P2032846.JPG

お子様の手形と足形 ↓

P2032848.JPGP2032850.JPGP2032852.JPGP2032853.JPG
P2032854.JPG
P2032855.JPG

P2032856.JPG
P2032857.JPG

スヌーピーのストラップ ↓

P2032859.JPG
カップもユニークです。

P2032860.JPG

P2032861.JPG

P2032864.JPGP2032865.JPG
P2032868.JPGP2032870.JPG
肉球のお皿 ↓


P2032873.JPGPC052590.JPG
PC052592.JPG
PC052593.JPGPC052594.JPG
PC052595.JPGPC052598.JPG
PC052599.JPG

続いて、志野の板皿コースの作品です。


P2032874.JPG
P2032875.JPG
P2032878.JPG
板皿でない作品も・・・

P1182782.JPG


織部の板皿コース ↓

P1182780.JPGPB252549.JPG


絵付けコースの作品


P1182768.JPGP1182766.JPG 
P1182770.JPG
上手すぎますね。 ↑


P1182771.JPG


P1182772.JPG
P1182774.JPG

P1182776.JPG
P1182778.JPG
PC052600.JPG
PC052601.JPG

PC052602.JPG
PC052603.JPGPC052604.JPGPC052605.JPGお子様たちも、のびのびと絵を描いています。 ↑

PC052606.JPGPC052607.JPGPC052608.JPGPC052609.JPG

当日お持ち帰りできる金箔コース

PC212640.JPG

みんなでワイワイコース


PC192625.JPG
PC192628.JPG
PC192629.JPGPC192633.JPG
PC192637.JPG
PC192639.JPG

次回をお楽しみに!


 
 

2016年11月28日 16:22

みんなでワイワイコース 作陶風景と作品

10名以上の団体様コース「みんなでワイワイコース」にいらしたお客様の様子と
焼き上がりました作品をご紹介いたします。


まずは、講師が説明して作品見本を作ってお見せいたします。

PB032347.JPG

PB032355.JPG
それでは、皆様も作ってみましょう。

PB032357.JPG
形を作って、模様をどうやって入れるか、緑の織部釉をどういう具合に掛けてらうかデザインしていきます。

PB032358.JPG
まさに、みんなでワイワイと楽しく作っていただいています。

PB032362.JPG
PB032364.JPG
PB032366.JPG


そして、完成! みんなで記念撮影です。

PB032367.JPG

また、別の日の「みんなでワイワイコース」。

こちらの皆さまは女子が多いですね。

PB222545.JPG
中には小学生の姿もあります。
PB222547.JPG
別のグループは、男性ばかりです。↓  いい笑顔です。


PA222305.JPG


焼きあがったお客様の作品がこちらです。 皆さまデザインをよく考えて作っていらっしゃいます。

PB252551.JPG

PB252553.JPG

織部のお皿を作るコースですが、なぜか織部(緑の釉薬)無しというご要望もあります。

PB252554.JPG
PB252557.JPG
PB252558.JPG
PB252560.JPG
わざと、表面をごつごつさせて、織部釉を掛けると、緑の濃淡が出ます。

PB252563.JPG

社員旅行や、ご親戚一同様など、みんなで気軽にワイワイ楽しめるコースです。




 
 

2016年10月 8日 14:26

体験陶芸 お客様の作品


体験陶芸に来ていただいたお客様の作品が作品をご紹介いたします。

還元焼成と言う、焼成中にガスを入れて焚き上げる玄人好みの焼成です。

皆さまの力作をご覧ください。


まずは重要文化財の土偶の写しです。

P8282100.JPG
赤土の還元焼成は、焼き締めると渋い茶色になります。


埴輪も焼けました。
P9092163.JPG

もちろん普段使いできる器もあります。

P9092144.JPG
PB032337.JPG
難度の高い花器ですね。↓

PB032340.JPG
PB032342.JPG
PA122277.JPGPA122279.JPGPA122280.JPG
板皿は、作る時は地味で根気がいる作業が続きますが、出来上がりが素晴らしいですね。

PA122282.JPG
PA122285.JPG
PA122286.JPG



P9092162.JPG

P9092164.JPG
実際に使える器もアロマポットも埴輪やウサギも・・・お好きなものをお作りください。


P9092165.JPG

P9092166.JPG

P9092167.JPG
幼児や赤ちゃんの手形や足形は、追加料金千円で焼くことが出来ます。↑

P9092168.JPG
P9092170.JPG
P9092172.JPG
P9242208.JPG


P9242209.JPG
P9242214.JPG
ネコちゃんのカップの裏側は・・・↓

P9242215.JPG

こちらは取っ手の先が、カップの中を覗いています。

P9242217.JPG
P9242219.JPG
リピーター様は粘土の量が1.5倍です。大きな船盛が出来ました。↓

P9092137.JPG

P9092135.JPG
板皿を完品で焼き上げるのは、実は難易度が高いのです。
プロが作ってもたまにひびが入ります。
リピーターのお客様が作られた青磁釉の板皿もたまたまひびが入って焼けました。↓
ひびを直して金接ぎさせていただきました。かえって「箔が付く」場合もあります。

P9092133.JPG
ブライダルコースで、ご両親に植木鉢を作られました。↓

P9242210.JPG
P9242211.JPG
ブライダルコースといえどもご飯茶碗や湯呑にこだわる必要はありません。
それぞれのお好みのものをお作りいただけます。


P9242212.JPG

志野の板皿コース


P9092139.JPG

P9092140.JPG
P9092142.JPG

絵付けコース


P9092154.JPGP9092156.JPG
P9242221.JPG

P9092158.JPG


P9282230.JPG
金箔コース


P5031737.JPG
P5031735.JPG

P5041749.JPG
P5041750.JPG
P5041751.JPG

そして、夏休み前に焼けた作品もご紹介いたします。
夏休みの忙しさでアップするのが遅くなり申し訳ありません。
たくさんご覧ください。


P5111784.JPG

P5111786.JPG
P5111787.JPG
P5111789.JPG

P5111790.JPG
P5111791.JPG
P5111792.JPG
P5111795.JPG

P5111797.JPG

P5111800.JPG
P5271853.JPG
P5271854.JPG
P5271855.JPG
P5271856.JPG

P5271857.JPG

P5271858.JPG
P5271860.JPG
P5271861.JPG
P5271862.JPG

P5271863.JPG

P5271864.JPG
P5271865.JPG
P5271866.JPG
P5271867.JPG
P5271868.JPG

P5271870.JPG
P5271871.JPG
P5271872.JPGP5271874.JPG
P5271875.JPG
P5271876.JPG

P5271877.JPG
P5111782.JPG
P5271878.JPG
P5271879.JPG
P5271880.JPG

P6171921.JPG
P6171923.JPG
P6171924.JPGP6171925.JPGP6171926.JPGP6171927.JPGP6171928.JPGP6171929.JPGP6171930.JPGP6171931.JPGP6171932.JPGP6171933.JPGP6171934.JPG
P6171935.JPG


P6171937.JPG

P6171938.JPG
絵付けコース

P6171941.JPGP6171944.JPGP6171945.JPGP6171947.JPGPA122288.JPG
PA122289.JPG
PA122290.JPG
PA122293.JPG
PA122292.JPG

 
 

2016年6月29日 14:06

みんなでワイワイコース お客様の作品

みんなでワイワイコースの作品が焼き上がりました。

それぞれが作った織部のお皿に個性的な模様が入っています。

 

P4181672.JPG

 

P4181674.JPG

 

P4181673.JPG

 

P4181676.JPG

 

P4181679.JPG

P4181681.JPG

P4181682.JPG

 

P4181684.JPG

 

P4181685.JPG

P4181686.JPG

全部に緑の織部釉を掛け、総織部にしました。

模様が彫ってあるので面白味のあるお皿になりました。

 

P4181688.JPG

右の お皿はハリネズミです。針の模様に織部釉を掛けました。

 

P4181689.JPG

P4181690.JPG

P4181692.JPG

 

P4181693.JPG

 

ワイワイコースのみなさまは

織部釉がかかる部分と、絵を描く部分とを工夫され、楽しい作品になりました。

 
 

2016年6月22日 15:07

体験陶芸 お客様の作品 2016年前半

体験陶芸にいらしたお客様の作品をご紹介いたします。

皆さま、お待たせしてすみません。

個性豊かな作品をご覧ください。

体験陶芸2時間コース

P1200967.JPG

P1200968.JPG

P1200969.JPG

 アラビン、土瓶・・・

  P1200970.JPG

P1200971.JPG

オリジナルの絵が可愛い。申年です。↑

こちらの富士山はかわいい色が付きました。↓

P1200972.JPG

P1200973.JPG

リピーター様が作られた蚊取り線香立て↓

いらっしゃるたびに腕が上がってきます。

P1200974.JPG

  板皿も綺麗に仕上がりました。 P1200975.JPG

P1200976.JPG

P1200977.JPG

P1200978.JPG

P1200979.JPG

  P1200980.JPG

P1200981.JPG

リピーター様は3回目から、釉薬の指定が出来ます。

瑠璃釉をかけて深いブルーになりました。↓

P1200982.JPG

  P2101091.JPG

P1200983.JPG

P1200984.JPG

 ビアマグの下半分は焼き締めに、と言うリクエストです。↓

P1200985.JPG

  P1200986.JPG

P1200987.JPG

お皿もそれぞれ上手にできています。

P1200988.JPG

P1200989.JPG

植木鉢は中が焼き締めです。↑ ↓

P1200990.JPG

P1200991.JPG

P1200993.JPG

 

絵付けコースの作品もあります。

do陶芸館では還元焼成をしますので、呉須のブルーが綺麗に発色します。

P1200994.JPG

P1200995.JPG

P1200996.JPG

P1200997.JPG

P1200998.JPG

P2101056.JPG

P2101057.JPG

P2101058.JPG

絵付けも力作ぞろいですね!

P2101059.JPG

P3041266.JPG

P3041267.JPG

P3041269.JPG

P3041271.JPG

P4151627.JPG

P4151629.JPG

お子様たちの作品 ↑

P4151631.JPG

ふんわりとピンクに染まった河豚。

このピンク色は塗ったのではなく、還元焼成の際、偶然に出てきました。

「御本手(ごほんで)」と呼ばれ、珍重されています。

P4151639.JPG

P4151633.JPG

織部コースは板皿ではなく、茶碗と皿をお作りになりました。↓

初めて陶芸をしたとは思えない出来栄えです。

P2251202.JPG

 

 

志野の板皿コースも玄人はだしです。

 

P4151636.JPG

P3041232.JPG

P3041231.JPG

 

P3041233.JPG

  P4151637.JPG

 

体験陶芸2時間コースの作品に戻ります。

P2101060.JPG

P2101061.JPG

P2101062.JPG

P2101063.JPG

P2101064.JPG

P2101065.JPG

P2101066.JPG

P2101067.JPG

P2101069.JPG

P2101070.JPG

P2101071.JPG

P2101072.JPG

P2101073.JPG

P2101074.JPG

P2101075.JPG

P2101076.JPG

P2101077.JPG

P2101078.JPG

P2101079.JPG

P2101080.JPG

同じお皿を目指しても個性が出ます。

P2101081.JPG

  P2101082.JPG

P2101085.JPG

P2101086.JPG

P2101087.JPG

P2101089.JPG

P2101092.JPG

  P3041235.JPG

  P3041238.JPG

P3041239.JPG

P3041241.JPG

P3041242.JPG

P3041244.JPG

P3041245.JPG

ミッキーの鼻が取っ手と言うのは、今までにない発想です。↑

P3041247.JPG

仕切り皿は根気がいります。

P3041249.JPG

 

P3041250.JPG

P3041251.JPG

P3041263.JPG

P3041265.JPG

P3041283.JPG

体験陶芸で埴輪を作りました。↑

焼き締めにしてほしいとリクエストです。

P3161400.JPG

P3041254.JPG

P3041255.JPG

よく見ると「感謝」の文字に「ありがとうございます」が隠れています。↑

こちらは「福」の文字に「しあわせ」が隠れています。↓

P3041256.JPG

P3041257.JPG

P3041258.JPG

P3041259.JPG

P3041260.JPG

P3041261.JPG

P3041262.JPG

P3161401.JPG

P3161404.JPG

焼き締めの茶香炉にはカエルがちょこんと乗っています。↑

P3161405.JPG

P3161407.JPG

P3161408.JPG

トトロに猫バスまで付いたアロマポット↑

 

P3161411.JPG

P3161413.JPG

P3161415.JPG

こちらは灯籠が付いた植木鉢 ↑

20代の男性にしては渋い作品です。

P3161416.JPG

蚊取り豚を大きく作るのは大変。

 

P3161418.JPG

お子様用に「ワンワン」か彫ってあります。↑

 

P3161419.JPG

P3161421.JPG

P3161423.JPG

P3161424.JPG

 同じように「6点押し輪花鉢」を作られましたが、それぞれが異なる印象です。

P3161426.JPG

P3161428.JPG

お一人で2枚のお皿を作りました。↑

 

P3161429.JPG

P3161430.JPG

こちらもお一人で2個、富士山のご飯茶碗 ↑

逆さまにすると「雪をかぶった富士山」が登場。

 

P3161433.JPG

P3161434.JPG

P3161435.JPG

P3161436.JPG

 

P3161437.JPG

P3161438.JPG

P3161439.JPG

P3161440.JPG

P3161442.JPG

P3161443.JPG

P3161444.JPG

P3161445.JPG

P3161446.JPG

P4151635.JPG

 

P4151641.JPG

アロマポットの葉っぱにトトロ ↑

お皿の内側は透明の釉薬を掛け、それ以外は焼き締めです。

 

P4151642.JPG

肉球の作品二つ

P4151644.JPG

 

カップルでシーサーを作りました。↓

それぞれのシーサーを並べてみると、「あ・うん」がそろいました。

P4151646.JPG

P4151647.JPG

P4151649.JPG

P4151652.JPG

P4151654.JPG

 

P4151655.JPG

P4151656.JPG

P4151657.JPG

P4151658.JPG

P4151659.JPG

P4151661.JPG

以上、2016年1月~4月に焼成された作品をご紹介しました。

まだまだご紹介したい作品は続きます。

See You Soon !  ・・・であるようにがんばります(笑)

 
 

2016年3月 5日 16:13

みんなでワイワイコース 作陶風景とお客様の作品

みんなでワイワイコースは、15名以上の団体コースです。

500gの白土を使って、織部の小皿を作ります。

模様も描いて、緑の織部釉がどこにかかるようにするかデザインを考えます。

みんなでワイワイ言いながら、社内の、または友人達との親睦を深めましょう!

 

2016年3月

社員旅行でみんなでワイワイコースに参加されました。

P3271524.JPG

  P3271526.JPG

P3271527.JPG

P3271525.JPG

スヌーピーの完成度が高いです。

 

   保育園の先生たちが体験にいらっしゃいました。

P3201460.JPG

P3201462.JPG

さすがに皆さま絵がお上手。

P3201464.JPG

 

 

大学のサークル仲間で「みんなでワイワイコース」に参加してくださいました。

P3111344.JPG

まずは、作り方の説明を聞きます。

  P3111351.JPG

そして作陶、絵付けへと進みます。

P3111356.JPG

P3111357.JPG

P3111358.JPG

P3111361.JPG

P3111363.JPG

完成しました! みんなで集合写真です。

P3111364.JPG

「楽しかったです!」 体験陶芸「みんなでワイワイコース」 20代男女18名

 

 

PC050770.JPG

PB030396 (2).JPG

PB030400.JPG

 

PB030404.JPG

PB030405.JPG

 

PB030408.JPG

PC110817.JPG

PC110824.JPG

PC110818.JPG

PC110829.JPG

PC190845.JPG

PC190846.JPG

PC190848.JPG

PC190849.JPG

PC190850.JPG

 

PC190853.JPG

もはやお皿ではない人もいます(;^ω^)

PC190854.JPG

どこかで見たようなデザイン・・・

これは・・まさか盗作では?!

PC190858.JPG

 

PC190860.JPG

PC190862.JPG PC190864.JPG

全部織部釉を掛けると、総織部になります。ひっかき模様が効いていてきれいです。

 

大変楽しんでいただけたようですね。

最後にお店の前で記念撮影です。皆さま、サービス精神旺盛です。

PC050771.JPG

PC050772.JPG

 

ありがとうございました!

 
 

2016年3月 5日 15:45

体験陶芸 お客様の作品

焼き上がりました、お客様の作品をご紹介いたします。

 

PC110793.JPG

お皿にお子様の手形が可愛らしいです。

 

PC110792.JPG

お揃いのカップ

 

PC110789.JPG

スープカップ

 

PC110786.JPG

 

PC110787.JPG

リンゴの器3種

 

PC110797.JPG

PC110798.JPG

PC110800.JPG

 

PC110801.JPG

 

PC110804.JPG

酒器2種

PC110806.JPG

灰皿2種

PC110808.JPG

板皿

PC260900.JPG

徳利

PC260902.JPG

オブジェ達が続きます。

PC260904.JPG

 

PC260906.JPG

PC260908.JPG

PC260912.JPG

言わずと知れた、あのキャラクター達でした。

 

PC260913.JPG

PC260915.JPG

 

PC260918.JPG

 

PC260919.JPG

 

PC260920.JPG

PC260923.JPG

PC260925.JPG

思いっきり自由に作っていただいています(笑)

 

PC230880.JPG