• 佐藤和彦

    教室木曜日担当。教室、体験陶芸の総合プロデューサー。

    1969年より作陶を始める。
    陶芸作家としての作品は現代の都会的なものだが、古典的な作品にも造詣が深い。“陶芸界の鬼才”加守田章二も絶賛した、確かな技術で美しい形を生み出す。
    生徒達のどんな質問にも的確に答えてくれる、頼もしく、親しみやすい先生。

    陶歴と作品

  • 鈴木里佳

    教室金曜日、土曜日担当。

    1998年より作陶を始める。
    手の温もりのある「手びねり」で作る作品が得意な先生。館長の指導法と技術を継承し、基礎から丁寧に教えてくれる。

    「心をこめて作った作品は、人に感動を与えます。自分自身も感動するような作品を作りましょう。初めて陶芸をされる方も、どうぞ怖がらずにいらしてください。熱烈歓迎いたします(笑)」

  • 志賀美佳

    体験陶芸担当。

    2011年より陶芸をはじめる。
    東京藝術大学絵画科日本画専攻出身。
    水彩画の教室で教える一方、作陶にも取り組む。
    お客様が満足できる作品になるよう、一生懸命教えてくれる先生。絵付けコースの筆使いなど、細やかに指導します。

    「一緒に作ってみましょう。楽しいよ!」

  • 中田太陽

    体験陶芸担当。

    1995年より陶芸を始める。
    東京藝術大学工芸科陶芸専攻卒業。
    電動ろくろが得意な先生。
    『使いやすさにこだわった食器』を中心に陶芸作家として活動。熱心に教えてくれます。

    「生活の中で、心がほっこりするような器を制作しています。皆さんの使ってみたい食器作りのお手伝いができれば嬉しいです」

  • 松本有可

    体験陶芸担当。

    「楽しく作ることを大事にしています。
     皆さまの感性を引き出すお手伝いが出来れば幸いです。」

  • 小林悠

    体験陶芸担当。

    「自分で作ったものはいつまでも愛着が持てる気がします。
    土を触りながら没頭する時間を一緒に過ごしてみませんか。」

  • 渡辺もえか

    体験陶芸担当。

    「自分にしかつくれないものが作れますよ。
    一緒に楽しく作りましょう!」