2020年6月24日 15:50

お客様の声


新型コロナウィルスの感染予防対策をしながら、体験陶芸を再開しております。
他都道府県への移動制限が緩和され、徐々にお客様も来られるようになりました。
パーテーション越しに説明し、マスクやフェイスシールドをして
と、お客様にもご不便をおかけし、またご協力を頂いています。
感染予防から、以前のように客様のお写真をお撮り出来ないこと残念ですが、
皆さま、陶芸体験を楽しんでくださって嬉しい限りです。



お客様の声


2020年7月


「とても楽しかったです。丁寧に教えて頂けました。」
体験陶芸2時間コース 30代男女2名 大マグカップを制作


「とても楽しかったです。ありがとうございました!」
絵付けコース 40代家族4名


「とても分かり易く指導下さいました。
 とても楽しく、あっという間の2時間でした。」
体験陶芸2時間コース 50代女性4名 平皿を制作


「出来上がりが楽しみです。」
体験陶芸2時間コース 10代~70代家族9名 皿、カップなどを制作


「楽しかったです。素敵なお時間をありがとうございました!」
絵付けコース 20代女性2名 


「丁寧に説明して頂き、分りやすかった!!」
体験陶芸2時間コース 10代、20代男女2名 小鉢を制作


「ここが一番です。」
体験陶芸2時間コース 40代、50代女性2名 花びんなどを制作

image9.jpeg


image8.jpeg

体験陶芸に11回もいらしてくださっているリピーター様

「ここが一番です。」と、嬉しい感想をいただきました。


image5.jpeg


「初めての体験でしたが、とても分かりやすく教えていただいて
 楽しく作ることが出来ました!ありがとうございました。」
体験陶芸2時間コース 20代女性2名 コップ、茶碗を制作


「楽しかったです。ありがとうございました!」
体験陶芸2時間コース 20代男女2名 コップ、お皿を制作


「色付けなど丁寧に教えて下さったので分りやすかったです。
 ありがとうございました。」
体験陶芸2時間コース 40代女性2名 煮物入れを制作


「とても楽しかったです!焼き上がり楽しみにしています。」
絵付けコース 40代女性5名


「すごく楽しく集中して作れました。
 ありがとうございます。」
体験陶芸2時間コース 30代女性2名 





2020年6月


「楽しかったです。2回目またやりたい!」
 
 体験陶芸2時間コース 20代、30代女性3名 花器などを制作



「楽しかったです。ありがとうございました。」

絵付けコース 親子3名



「初めての陶芸は難しかったですが、やりがいがありました。
お向かいでシーサー作られている方がいて、いつかは作ってみたいと
思いました。 届くのを楽しみにしています。
今日はありがとうございました。」

体験陶芸2時間コース 40代男女2名 鉢、ビアマグを制作



「難しかったけど、初めて体験できて楽しかったです。
 また色々な物を作ってみたいです。ありがとうございました。」

体験陶芸2時間コース 20代男女2名 ぐい飲み、フクロウを制作



「本格的な陶芸体験ができて楽しかったです。
 先生が優しく教えてくれて納得のいくものが出来ました。」

体験陶芸2時間コース 20代女性5名 大皿、マグカップなどを制作



「とても奥深く、楽しかったです!」

体験陶芸2時間コース 20代男性2名 マグカップを制作



「大変に親切で、良く理解出来ました。
 ありがとうございました。」

絵付けコース 30代、60代男女2名



「昨日が主人の誕生日で湯河原に来ました。
 よい記念の作品が出来ました! お世話になりました。」

体験陶芸2時間コース 40代、60代ご夫婦 お皿を制作



「親切に教えていただき、ありがとうございます。
 時間がかかりすぎてすみません...」
 
絵付けコース 30代女性




「とても丁寧に教えていただき、ありがとうございました。
 楽しかったです。」

体験陶芸2時間コース 50代男女2名 大鉢を制作
 
 

2020年6月10日 14:15

神奈川県の感染予防対策に取り組んでいます。


新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため
do陶芸館は、神奈川県の感染症対策に取り組んでいます。

入り口とトイレの前に、除菌剤を含ませたマットを置きました。
靴底をゴシゴシして、出来ましたらマスクの着用をお願いいたします。
受付カウンターに除菌のハンドジェルもありますので、ご利用ください。
講師はマスクと、フェイスシールドをつけさせていただいています。
必要に応じて、検温をさせていただくこともあります。

お手数をおかけしますが、しばらくの間ご協力をお願い申し上げます。


スキャン_20200610 (2).jpg

 
 

2020年6月 4日 13:45

体験陶芸 お客様の作品


体験陶芸にいらしたお客様の作品をご紹介いたします。

緊急事態宣言が発令される以前にいらした時の作品ですので
既に皆様のお手元にお届けしています。



織部の板皿コース


P1226127.JPG
P2136222.JPG

P2136220.JPG
志野の板皿コース


P2136217.JPG


絵付けコース


P2286290.JPG

P2286291.JPG

P2286292.JPG

P2286293.JPG
P2286294.JPG
P3286386.JPG
P3286387.JPG

P3286388.JPG
P3286390.JPG


みんなでワイワイコース

P3266340.JPG
P3266341.JPG
P3266342.JPG
P3266343.JPG
P3266344.JPG
P3266345.JPG
P3266346.JPG
P3266347.JPG
P3266348.JPG
P3266349.JPG





体験陶芸2時間コース


六点押し輪花鉢

P4166395.JPG

板皿

P4166396.JPG


三点押し輪花鉢

P4166397.JPG
一輪挿し

P4166398.JPG

スープカップ

P4166400.JPG



オリジナルのキャラクター


P4166401.JPG


湯のみ

P4166403.JPG



オリジナルのキャラクター 
一輪挿し

P4166404.JPG


ミッフィー

P4166405.JPG

マグカップ

P4166406.JPG
何か乗っています

P4166407.JPG

ピッチャー

P4166408.JPG

どんぶり

P4166410.JPG

板皿

P4166412.JPG


板皿

P4166413.JPG

カップ

P4166414.JPG
ピッチャー

P4166415.JPG


アロマポット

P4166417.JPG



P4166418.JPG


母娘でハートのお皿

P4166420.JPGP4166421.JPG

どんぶり

P4166422.JPG


apple

P4166424.JPG




ハートのお皿
女の子たちに人気です。

P4166426.JPG


蓋付きのカップ
小学生の女子です。
がんばりましたね。

P4166427.JPG


 
 

2020年6月 4日 11:00

教室生徒さん達の作品と作陶風景


定期的に陶芸教室に通われている生徒さん達の作品をご紹介いたします。

4月以前に焼き上がった作品です。
遅くなりましたが、ご覧下さい。


ご飯茶碗 3人分

P4166391.JPG

天目釉の花器

P4166393.JPG



初級課題の徳利とぐい吞み

P4166429.JPG


志野の茶碗


P1096028.JPG

染付の小皿

P1096030.JPG

合掌造りの蚊取り線香入れ


P1226057.JPG


宙に浮くカップ

P1226064.JPGP1226065.JPG


ご飯茶碗

P1226067.JPG
P1226068.JPG
P1226071.JPGP1226072.JPG

パン皿

P1226074.JPG


乳白釉のカップ
P1226076.JPG

梟の壁掛け

P1226079.JPG


世界最古のヴィーナスの写し

P1226081.JPG



神棚に供える皿置き(家紋入り)

P1226129.JPG


乳白釉の花器

P2136167.JPG

白化粧掻き落としの筆立て

P2136172.JPG


抹茶碗


P2136223.JPGP2136228.JPGP2136230.JPG
P2136232.JPG


ぐい吞み


P2136237.JPG


P2136233.JPG


伊羅保茶碗


P2286263.JPG


ビードロ釉の花器
細かな模様を彫っています。

P3136333.JPG


染付の文鎮
この後上絵もするそうです。

P3136336.JPG

染付の小皿

P3136337.JPG


黒織部の茶碗

PB085751.JPG
PB085752.JPG


織部香合

PB085754.JPG

PB085755.JPG

PB085756.JPG
PB085758.JPG

PB085757.JPG

泥彩の一輪挿し

PB185863.JPG


ビードロ釉の一輪挿し

PB185864.JPG


玄関用の置物

PB185867.JPG


志野ぐい吞み


PC165908.JPG



そして、穴窯で焼くために作っている花器



PA245685.JPG


PA245686.JPG


当初の予定では、5月に薪の窯を焚く計画を立てていましたが、
新型コロナウィルスの影響で延期になりました。
まだ日程は決まりませんが、粘土の用意などは着々と進行しています。


佐藤館長が作っているのは、信楽の粘土。
薪の窯で焼くと、灰が溶けて、綺麗な緑色の釉薬になる計算です。
正に「スカーレット」の色合いを目指します。

P5076438.JPG

P5076440.JPG何やら粘土をブレンドしています。



P5076445.JPG完成しました。 
佐藤ブレンドの信楽土がどんな色合いに焼き上がるかは、先のお楽しみです。

P5076448.JPG


そして、本日の館長は、越前から送って頂いた原土を叩いています。

P6046464.JPGP6046463.JPG
この後水簸するそうです。
こちらも薪の窯で焼く作品を作ります。

手塩にかけた粘土がどんな色合いに変化するのか、
楽しみに待ちます。